Education教育

授業科目

授業科目

講義科目の説明

 

[修士課程]

特別実験及び演習
Experimental Course and Seminar

定められた指導教員及びそのスタッフにより、当該研究室で研究している諸問題について、実験及び演習を行う。

研究の原点とルール:Beginning Science
Beginning Science

(上村教授・HEJNA教授・碓井講師)
生命科学の歴史、基本的な事象、そして研究の進め方について、講師自身が感動した論文、セミナー、あるいは科学者との出会いを材料として講述し、研究することの原点を議論する。また研究におけるルールや、データの正しい解釈のための方法論も議論する。さらに、博士号取得者に対するキャリアパスの広がりについて理解を深める。

Life Science
:From Basics to Applications, from Molecular Biology to Systems Biology

(HEJNA教授・永尾教授・大塚准教授・井倉准教授・神戸准教授・粂田助教・増田准教授・CARLTON准教授)
This class will be conducted entirely in English, and is designed to acquaint students with a broad range of research areas and methodologies, while encouraging students to consider the adaptability or combination of methods in other systems. Topics will range from a quick review of basic molecular biology techniques, to presentations on signal transduction, transport proteins, applications of fluorescence technology, genomewide screening, single-molecule imaging, systems biology, regenerative medicine, tissue growth and regulation, and RNA research. Discussion is also encouraged. The class is primarily for first-year Master’s students, but 2nd year Master’s students may also attend.

染色体生命科学特論
Advanced Course in Chromosome Researches

(古谷講師・松本教授・吉村准教授・北島准教授・中世古准教授・石川教授・三好准教授・豊島教授・高田教授・石合准教授)
遺伝情報が機能し子孫細胞に伝えられる場である染色体の基本構造と機能を概説し、染色体の正常・異常な振る舞いがどのようにして発生、がんや老化などの高次生命現象をもたらすのかを論じる。
特に、タンパク質やDNAの構造的、機能的側面に関する深い理解に基づいて、染色体、細胞核、細胞で見られる様々な現象の分子基盤を解説する。

植物生命科学特論
Advanced Course in Plant Biology

(遠藤(剛)准教授・佐藤教授・河内教授・白石准教授・西浜准教授・遠藤(求)准教授・福澤教授・荒木教授)
生物界における「植物」の位置づけ、植物を特徴づける物質生産(光合成と二次代謝)、環境応答、細胞分化と器官分化・個体発生などのトピックスについて、個体、細胞、分子のレベルで講述する。
また、近年の研究の発展の原動力となった技術や概念上の革新、産業への応用といった側面も取り上げる。これらを通して、光合成生物としての植物(陸上植物および藻類)の生命科学を俯瞰的に理解する。

シグナル伝達学特論
Advanced Course in Studies on Signal Transduction

(大澤准教授・酒巻准教授・藤田教授・加藤准教授・西田教授・松田教授・米原教授・井垣教授)
細胞および個体の外界刺激に対する応答は生命現象の根幹であり、細胞増殖、分化や細胞死の運命決定、発生や免疫系などの高次生命機能、また癌や感染症の発症などの基盤となっている。この応答の分子機構と制御機構について、細胞内シグナル伝達を中心に論じる。

疾患・免疫生命科学特論
Advanced Course in Immunology and Human Disorders

(片山教授・高原准教授・土方准教授・朝長教授・垣塚教授・杉田教授・清水教授・渡邊教授・野田教授)
 感染症を含む疾患の発症、ウイルス・微生物に対する免疫およびそれらとの共生機構等を通して生体機能を理解する。個々の事例、様々な研究手法の基本を理解することも目的とする。

多細胞体ネットワーク特論
Advanced Course in Multicellular Network

(安達教授・根岸教授・上村教授・見学教授・影山教授・松崎教授・加藤准教授・大塚准教授・井上准教授・碓井講師・今吉特定准教授・高里准教授・永楽教授・OKEYO特定講師・横川准教授)
 多細胞体の構築過程における細胞の様々な振る舞いやその破綻によって生じる疾病について、分子生物学的手法に加えて、数理科学、工学、物理学、化学、あるいは情報科学などの複合的な手法を導入して得られた成果について論ずる。その一環として、3次元空間における多細胞体構築のみならず、第4の次元である時間軸における発生過程の制御についても議論する。個々の事例に加えて、幅広い研究手法の基本を理解することも目的とする。

動物発生・再生特論
Advanced Course in Animal Development and Regeneration

(松崎教授)
多細胞体制は単一の受精卵から分裂、誘導、細胞配列の再編成を繰り返し、時間軸の正確な制御のもとに構築・組織化され、高次な機能を営む個体へと変貌する。この動的で複雑な過程を、数理科学、システム生物学を含む多角的な視野から分析し、動物の発生と形態形成、その再生過程の背後にある基本原理を検証、講述する。さらに、これらの基盤に基づいて組織・器官を再構成するアプローチを紹介し、再生医療への応用の現状と将来の展望を議論する。

Global Frontier in life Science A

(垣塚教授・CARLTON准教授・今村准教授・近藤特定助教・戎家研究ユニットリーダー・GERLE特任准教授・越川特定助教・西山准教授・亀井特定拠点准教授・WOLTJEN准教授・藤島特定拠点助教・PACKWOOD講師・王特定拠点教授・鈴木教授・林特定教授)
Lectures in “Global Frontiers in Life Science A.” will be held in English, and aim to provide basic and fundamental concepts, and knowledge in several different research fields in life sciences. Lecturers are mostly young scientists, who have recently started his or her own researches as lab heads in Kyoto University.
In addition, the lecturers will provide their experience such as how they have found enthusiasm in life science research. The discussions will be chaired by Dr. Dan Ohtan Wang in all lectures.

Global Frontier in life Science B

(HEJNA教授・千坂教授・西浜准教授・豊島教授・CARLTON准教授)
This class will be conducted exclusively in English. The class will meet on Tuesday mornings from 10:30-12:00. The format will be a ~60 min lecture, followed by a ~30 min. student presentation of a paper or papers covering a subject related to the lecture. Depending on the number of students enrolled, the student presentations may be given by individual students or pairs of students. There is no limit to the class size; in the past, enrollment has been about 10 students, which has been conducive to active discussions.
Lectures will cover a wide range of topics, from plant biology to developmental neurobiology, with attention to methodology and experimental design in student presentations.

Advanced Molecular and Cell BiologyⅠ

(千坂教授・粂田助教・見学教授・米原教授・原田教授・HEJNA教授・寺井准教授)
This will be a lecture course with a limited number of students (up to 30). The students will be given 5-8 scientific papers to read. Special emphases will be on the biologists’ way of thinking as well as the basic concepts on the gene/protein structure and function.
1. Logic and basic concepts in biology:How does a biologist work and what does a biologist know?
2. Methods in biology:What kinds of technique does a biologist employ?
3. Specific topics deal with the cell structure and function, the nucleus and central dogma

Advanced Molecular and Cell Biology Ⅱ

(千坂教授・福澤教授・伊福助教・日下部講師・藤田教授・北島准教授・HEJNA教授)
This course is an intensive course to introduce the underlying cell signaling pathways and their mediators covering mammalian cells, plants and microbes. The final goal of this course aims to provide an overall knowledge regarding the diversity and significance of cell signaling events in response to various stimuli and physiological conditions, and the generality among species. The course will be held in combination with related paper discussion. Students interested in cell and molecular biology and cell signal transduction are encouraged to participate.

Cancer Biology

(吉村准教授・原田教授・垣塚教授・粂田助教)
This course is an intermediate-to-advanced course to study a wide variety of recent topics on cancer biology.Lectures will be given by researchers working in different fields in Kyoto, Tsukuba, and National Taiwan Universities through a long-distance learning system.

Basic English Discussion in Life Science Ⅰ

(HEJNA教授)
Despite having excellent English reading and writing skills, most students, even native-English speakers, need to improve their oral English communication skills in order to thrive in the new international scientific community. This class is designed to provide students with ample opportunities to practice scientific discussions in English, while reviewing elements of English grammar and style as they arise. An added benefit will be coverage of a diverse range of current scientific topics; students will begin to look critically at scientific data, and how data are presented. The maximum class size will be 8 students, to create a low-stress environment conducive to student interactions.

Basic English Discussion in Life Science Ⅱ

(HEJNA教授)
This class is designed to build upon existing reading and writing skills by developing strengths in oral presentation and discussion of science in English. Aimed at Master’s students in particular, who may not yet have extensive research results to present, the class will consist of shorter (~20-30 min) student presentations, covering recent science news, methods, and technology. Students are expected to contribute to the class by commenting and raising questions, at the same time strengthening their ability to look critically at the way science is presented. If time permits, we may also include round-table discussions.

実験系研究者向けの数理・統計・計算生物学
Mathematical, Statistical and Computational Biology for Experimental Biologists

(寺井准教授・今吉特定准教授・青木教授・大羽講師・平島講師)
昨今の生命科学における学際融合研究に必要な基礎知識となる数理、統計、計算生物学の入門となる場を提供する。対象となるのは、主に実験系の生命科学研究室に所属し、数理・統計・計算生物学に興味がある大学院生。これらの知識を理解し、自分の研究に生かせるようになることを目的とする。

ゲノム生命科学特論
Advanced course of genome life science

(上村教授・小川教授・藤本特定准教授・山野助教・近藤特定助教・遠藤(求)准教授・三好准教授・服部助教)
次世代シーケンサー(NGS)の台頭により、生命科学研究においてもこれまでとは桁違いのビッグデータをベースに研究をすることが必須になってきている。これからの生命科学研究者はその膨大な情報を自ら読み、理解し、解析する力が問われている。本講義では、これまでのシーケンス技術の発展を歴史的に俯瞰した上で、実際にNGSを用いた最前線の研究例を紹介する。さらに演習ではNGSが出力するファイルに実際に触れ、UNIXや解析ソフトウェアを用いて解析を行い、数字・文字の羅列であるビッグデータから、生物学的な意味を抽出することを目的とする。

Cellular & Molecular Neuroscience

(HEJNA教授・上村教授・見学教授・松崎教授・垣塚教授)
This course will be a joint course offered by the Graduate School of Biostudies and the University of California, San Diego, to provide cutting-edge lectures by world-class neuroscientists and journal presentations by students, to expand learning opportunities beyond the confines of a single campus. Lectures will be broadcast by live satellite links between classrooms in San Diego and Kyoto. The course is intended for advanced students. It is imperative that students should have a very solid background in neurobiology.Highly motivated Masters students will be admitted at the discretion of the course organizers.

海外研究プロジェクト1
Study Abroad 1

(全員)
指導教員の助言によって海外の国・公立の研究機関、民間企業などに一定期間滞在し、研究や調査を主とするプロジェクト研究を行います。

[博士後期課程]

先端生命科学
Frontier in Life Sciences

(影山教授・永楽教授・郡准教授・鈴木教授・吉森教授・岩田教授・永井教授・坂口特任教授・本田教授)
生命科学領域のなかで特に目覚ましい発展をとげている研究から、それぞれの領域の第一人者の先生に簡単な背景から将来の展望にいたるまでを講義をしていただき、大学院生の研究へのモチベーションを高めることを目的とする。

生命科学キャリアパス
Career Paths in Life Sciences

(片山教授・垣塚教授・仙石准教授・横井弁護士・児玉上席研究員)
 生命科学領域の博士の進路は、アカデミックな研究者、 バイオ関連企業における高度実務者、知財専門家、起業家、官公庁の行政専門家など多様である。本講義では、 各分野で活躍する講師が提供する生命科学のキャリアに関する話題をもとに、生命科学分野の博士学位取得後のキャリア選択肢を広げ、社会で活躍する博士のイメージを具体化する。博士学位取得後の能動的なキャリアパス設計能力を身に付ける。

生命科学英語
Academic English Discussion in Life Sciences

(CARLTON准教授)
Whether you are presenting your research findings at a large international conference with over a hundred people or at a small laboratory meeting with less than ten, the ability to communicate in English is an essential skill that all scientists need for a successful career. The main goal of this course is to provide you with the necessary tools for giving effective presentations, engaging in active discussions, and thinking critically of science in English.

Advanced English Discussion and Writing in Life Science Ⅰ

(HEJNA教授)
Career advancement depends upon the ability of a researcher not only to read and write English, but to converse fluently in English. These skills are crucial for presentations at international meetings, international collaborations, peer review of manuscripts, and professional networking. This course will allow you to further develop your English language skills by giving oral presentations. In addition, a homework writing excercise will give you practice in writing a short document, such as an abstract, a cover letter, or Methods. Enrollment will be limited to just 3 students, to allow each student two 60-minute oral presentations, and ample opportunity for informal discussion in a low-stress environment.

Advanced English Discussion and Writing in Life Science Ⅱ

(HEJNA教授)
This class continues the development of presentation and discussion skills in English, as in Advanced English Discussion and Writing in Life Science I, with the longterm goal of preparing you for an international scientific career. This course will allow you to further develop your English language skills by giving oral presentations. Group discussions will be friendly, but objective. In addition, a homework writing exercise will give you practice in writing a short document, such as an abstract, introduction, specific aims, or methods. Enrollment will be limited to just 3 students, to allow each student two 60-minute oral presentations, and ample opportunity for informal discussion in a low-stress environment.

海外研究プロジェクト2
Study Abroad 2

(全員)
指導教員の助言によって海外の国・公立の研究機関、民間企業などに一定期間滞在し、研究や調査を主とするプロジェクト研究を行います。

統合生命科学専攻

遺伝機構学特別セミナー
Seminars for Gene Mechanism

遺伝子機能と細胞機能を結びつけるための主要な概念と研究方法について研究論文などをもとに議論し、関連分野の理解を深める。また、各自の研究データについて報告・討論し、研究内容の向上とプレゼンテーション能力の向上をはかる。

多細胞体構築学特別セミナー
Seminars for Cell and Developmental Biology

多細胞体構築学、細胞認識学、細胞シグナル学などのテーマについて、論文などをもとに議論し、関連分野の理解を深める。また、各自の研究データについて報告・討論し、研究内容の向上とプレゼンテーションの向上をはかる。

細胞全能性発現学特別セミナー
Seminars for Plant Gene and Totipotency

最新の分子生物学(特にゲノム生物学)、分子細胞生物学の現状を論じ、細胞の全能性を分子レベル、細胞レベル、個体レベルで解析する研究を紹介するとともに、問題点を整理し、新たな研究の展開を議論できるよう実習する。

応用生物機構学特別セミナー
Seminars for Applied Molecular Biology

生物の環境応答機構、形質発現ならびに物質生産に関して、最新の話題を取り上げ解説及び討論を行うとともに、この分野の研究発展の方向性及び将来の応用的局面について討論する。

環境応答制御学特別セミナー
Seminars for Molecular Mechanisms of Responses to Environmental Stimuli

生物の示す多様な内的・外的環境への応答とその機構に関する分野において、最先端の話題をとりあげて、専門分野にとらわれない幅広い視点から解説・討論を行う。

生体構造解析学特別セミナー
Seminars for Molecular and Developmental Biology

DNA、タンパク質および細胞内構造の動的変化とその機構の諸問題をテーマにして、論文をもとに議論し理解を深める。同時に、各自の研究データを報告し、討論を通じて研究内容の向上をはかる。

細胞機能動態学特別セミナー
Seminars for Mammalian Molecular and Cellular Biology

免疫応答、神経の分化に関わる細胞の挙動の制御機構を分子・細胞・個体の各レベルで論議する。

高次生命科学専攻

認知情報学特別セミナー
Seminars for Molecular and Systems Biology

分子可視化やFRETといった最新のイメージングを応用し、個々の分子の活性変動がいかに動的な生命システムの病理生理を制御するかを解明する研究手法について論じる。

体制統御学特別セミナー
Seminars for Animal Development and Physiology

体制統御の遺伝的制御に関する最新の情報を取り上げ、幅広い視点から解説・討論を行う。高次生命体の構築機構から細胞分化・増殖異常による癌、免疫疾患、遺伝病、成人病などの病態を分子生物学的に把握する研究手法について概説する。

高次応答制御学特別セミナー
Seminars for Molecular Mechanisms of Signal Transductions

高次生命体の遺伝情報及び応答機構の異常は、癌や自己免疫疾患、成人病を発症するに至る。種々の因子による細胞の増殖機構、免疫系の自己・非自己の識別機構等の生体の基本的な応答機構、及び癌、免疫疾患、遺伝病、成人病等の生体の異常機構を解説し討論を行う。

高次生体統御学特別セミナー
Seminars for Functional Biology

生理的条件および各種病態での細胞内での恒常性の維持機構とその破綻に関して、最新の情報を取り上げ、幅広い視点から解説・討論を行う。

生命科学教育学・遺伝学特別セミナー
Seminars for Cultural and Social Aspects of Life Sciences

真核細胞がゲノム機能を維持する機構と、有性生殖を介してゲノム情報を次の世代に継承するプロセスのメカニズムについて論ずる。また、研究報告会で各自のデータを議論し、サイエンスにおける批判的思考力(critical thinking)を養う。

高次生体機能学特別セミナー
Seminars for Mammalian Regulatory Network

高次生命体における細胞制御、遺伝子応答、ウイルス等による発がん機構、免疫応答、DNA損傷応答等の原理、更にモデル動物を用いた情報処理機構の原理について論ずる。

ページの先頭へ