Education教育

国際交流

海外派遣及び実戦的生命科学英語コミュニケーションプログラム

研究成果が客観的な評価を受けるためには、それを英語論文として公表することはもちろんですが、国際学会、セミナー等で発表し、専門家と科学的な討論を深めることが重要です。生命科学研究科では、研究成果を国際的に発信できるコミュニケーション能力の開発に力を入れています。その方策のひとつとして、大学院学生の国際学会発表等に対し、単なる渡航滞在費支援のみならず、発表スキルのアドバイスなども含めて総合的に支援します。

【採用者数】
年度 23 24 25 26 27 28
研究室派遣(海外) 0名 6名 1名* 0名 1名 2名
学会派遣(海外) 9名 2名 12名* 3名 6名 7名
9名 8名 13名* 3名 7名 9名

*学会派遣後引き続き研究室派遣1名含む

経験者からの声(生命科学広報誌「いぶき」より)

 

海外大学院との部局間交流協定及び部局間交流

生命科学研究科は、国立台湾大学 生命科学院、生物資源及び農学院、医学院(National Taiwan University; NTU)ならびにモンペリエ大学 ヒト遺伝学研究所、ゲノム機能研究所、構造生物学センター(University of Montpellier)と部局間交流締結しています。協定を相互の学生派遣やNTU主催サマープログラムへの参加を通しての交流を行っています。生命科学研究科では、その際に渡航滞在費用等を支援することがあります。

 年度 26 27 28
NTUサマープログラム派遣 3名 4名 4名 11名
モンペリエ大学学生派遣 2名 2名 1名 5名
 年度 26 27 28
NTU学生受入 4名 5名 9名
モンペリエ大学学生受入 1名 0名 1名
image001

 

 

遠隔講義

生命科学研究科修士課程では、海外(国立台湾大学、カリフォルニア大学サンディエゴ校)および国内(筑波大学)の他大学と共同で、英語での遠隔講義を行っています。

  • Advanced Molecular and Cell Biology I
  • Advanced Molecular and Cell Biology II
  • Cancer Biology
  • Cellular & Molecular Neuroscience

 

AMGEN Scholars Program

アムジェン・スカラーズ・プログラムは、アメリカのアムジェン財団が資金を提供し、次世代のイノベーターを育成すべくサイエンス教育の発展を追求する目的で、2004年にアメリカでスタートした国際的なプログラムです。平成27年度から日本にも導入され、京都大学と東京大学の2校が主催校に選ばれました(平成27年度は7カ国、17機関で実施)。

京都大学アムジェン・スカラーズ・プログラムは、世界中の学生に最先端の研究現場を体験してもらい、次世代を担う科学者となる足がかりとすることを目的とします。本学6部局の20余りの研究室にて、海外からの留学生20名および本学の学生5名を受け入れるサマープログラムです。本学の学生については、参加研究室の中で興味のある研究室にて研究を体験してもらい、大学院へ進学する足がかりとなることを目的としています。

URL: http://www.opir.kyoto-u.ac.jp/study/en/curriculum/amgenscholars/

生命科学研究科でのアムジェン・スカラーズ受け入れ実績

受け入れ期間:平成27年7月1日〜8月31日
受け入れ人数:海外からの留学生5名(5研究室で受け入れ)

 

国際学生セミナー

国際学生セミナーは、年に一度、生命科学研究科、ウイルス研究所、薬学研究科の若手研究者が主体となって開催し、大学院生を中心に企画・運営が行われます。本セミナーは2003年からスタートし、毎年世界から優れた若手研究者(大学院生・ポスドク)を招いて、国際的な交流を深めています。

本セミナーの目的は、大学院生やポスドクといった若手研究者が、国際的な研究者へ成長することへの後押しです。参加者の皆さんは、自らの研究について英語による発表や討論を行うことで、英語のプレゼンテーションやディスカッションのスキルを磨きます。さらに国内外の若手研究者とのコミュニケーションにより、新たな視点や刺激を手に入れます。

URL: http://www.15thiss.lif.kyoto-u.ac.jp

 

留学生スタディツアー

image005
生命科学研究科の留学生のリフレッシュおよび日本文化の学習を目的として、年に一度企画される日帰りツアーです。これまでに以下のツアーが開催されました。

2014年11月21日
「生命(いのち)と地域文化を支える水を巡るスタディツアー」

生命科学研究科 → 琵琶湖 → 京都伏見の酒蔵見学 → 交流会

2015年11月12日
「伝統的庶民食“うどん”の手打ち体験から学ぶ日本の食文化」

生命科学研究科 → 淡路島・ウェルネスパーク五色 「うどん打ち体験」→ 舞子公園 → 京都大学

2016年11月22日
「京丹波・丹後の伝統的文化景観と作物を巡るスタディツアー」

生命科学研究科 → 天橋立 → 丹波ワイナリー → 山田製油 → 京都大学

ページの先頭へ