細胞情報動態学

研究概要

研究内容

ウイルス感染症は現代でも重要な疾患であり、新型インフルエンザ感染症、エボラ出血熱、中東呼吸器症候群(MERS)、ジカウイルス感染症など社会を揺るがす問題となっている。ヒトを含む高等動物はインターフェロン系による抗ウイルス自然免疫による防御システムを有している。ウイルスが感染して複製すると正常には存在しない構造のRNA(二重鎖RNAなどの構造)を生じ、それをウイルスRNA センサーであるRIG-I が感知して一連の応答が誘導され、インターフェロンが産生される。当研究室ではウイルス感染の予防や治療に応用する事を目的としてRIG-Iによる防御機構の研究を行っている。研究は原子レベルから動物個体まで幅広く行っている。

主な研究項目

  • RNAセンサー、RIG-I様受容体の機能解析。
  • 重症熱性血小板減少症候群ウイルス(SFTSV)と自然免疫の研究
  • ウイルス蛋白質による自然免疫機構阻害の研究。
  • B型肝炎ウイルスの複製と自然免疫機構の攻防の研究。
  • ミトコンドリアを介した抗ウイルス応答の解析。
  • 自然免疫機構の異常活性化によって引き起こされる自己免疫疾患の研究
  • 天然二重鎖RNAを用いたウイルス感染症の予防と治療
2013fujita_1

メンバー

教授藤田尚志tfujita@infront.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

細胞情報動態学 キーワード

ウイルス  インターフェロン  自然免疫  RNAヘリカーゼ  二重鎖RNA  サイトカイン  インフルエンザ  免疫学  RNA  B型肝炎ウイルス