高次遺伝情報学

研究概要

研究内容

プログラムされた細胞死(アポトーシス)について、アポトーシス実行因子カスパーゼ8の解析を中心に、胚発生におけるアポトーシスの生理的役割、あるいはアポトーシスの制御破綻が起因となる発がんや神経変性疾患等に関する問題を、遺伝子・タンパク質から細胞、さらに個体レベルにわたって研究する。

主な研究項目

  • 分子進化学的解析による細胞死の生物学的意義の解明
  • 可視化とシミュレーションによる細胞死のシグナル伝達機構の解明
  • モデル動物を用いた細胞死の生体における生理的役割と病理学的発症機序の解明

メンバー

准教授酒巻和弘ksakamak@lif.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

高次遺伝情報学 キーワード

アポトーシス  オプトジェネティクス  可視化  カスパーゼ  癌(がん)  細胞死  シグナル伝達
シミュレーション  バイオセンサー  発生工学  分子進化  モデル動物