高次細胞制御学

研究概要

研究内容

脂質を標的とした新しい免疫応答の分子細胞機序を解明し、その制御法の確立を通して、感染症(結核、エイズなど)やがんに対する「脂質ワクチン」の開発に挑む。

主な研究項目

  • 脂質を標的とした免疫応答の分子細胞機序
  • 病原体脂質の生合成と免疫認識の機構
  • がん細胞特異的脂質の同定
  • 脂質ワクチンのデリバリーシステムの確立
  • 脂質免疫モデル動物の開発
uid000004_2010031013272491458352

 

メンバー

教授杉田昌彦msugita@infront.kyoto-u.ac.jp
助教森田大輔dmorita@infront.kyoto-u.ac.jp
助教水谷龍明mizutani@infront.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

高次細胞制御学 キーワード

免疫学  生体防御  脂質生化学  脂質免疫  癌(がん)免疫  感染免疫  ワクチン開発  結核  エイズ  トランスジェニックマウス