高次情報制御学

研究概要

研究内容

免疫系などの高次生命機能にかかわる遺伝子の構造・発現とその制御・処理機構の基本原理を、モデル動物などを用いて解明する。

主な研究項目

  • 抗体遺伝子の発現・組換えとその制御の分子機構
  • 抗体遺伝子組換え機構の分子進化学的解析
  • 自己免疫性胃炎発症機構の分子生物学的解析
  • T細胞サブセットの選択的集積機構
  • Krüppel-like転写因子による転写抑制の分子機構。
uid000004_20100907144905a8f01a95

 


メンバー

(併任)教授 清水章 shimizu@virus.kyoto-u.ac.jp

高次情報制御学 キーワード

免疫系 抗体 遺伝子 遺伝子組換え クラススイッチ リンパ球の分化・活性化免疫記憶 転写制御 サイトカイン IgE 自己免疫