Research研究

Research Results研究成果

井垣達吏教授、勝川美都子(博士後期課程学生)らの研究成果が「Current Biology」に掲載されました。

「井垣達吏教授、勝川美都子(博士後期課程学生)らの研究成果が「Current Biology」に掲載されました。

細胞競合を介したがん抑制に自然免疫シグナルが重要な役割を果たすことを、ショウジョウバエ遺伝学を用いて
明らかにしました。

詳細はこちらからご覧ください。

Current Biologyホームページ(英文) https://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(18)30450-0

ページの先頭へ