Research研究

Research Results研究成果

山野隆志助教、豊川知華(博士課程学生)、福澤秀哉教授らの研究成果が、「Cell」誌に掲載されました。

今回開発された技術「Intelligent Image-Activated Cell Sorter」により、従来は手作業でおこなっていた希少細胞(変異株)の選抜時間が約6,500倍に短縮され、偶然の幸運な発見(Serendipity)が可能になることを実証しました。私たちは、環境中のCO2濃度を検知して葉緑体内部で移動するタンパク質を可視化し、その局在が異常になった変異株の単離に成功しました。今後は、得られた変異株を調べる事で、光合成炭素固定を支えるCO2濃縮機構の制御や葉緑体内部でのタンパク質移行のメカニズムの解明が期待されます。

論文URL       https://doi.org/10.1016/j.cell.2018.08.028

雑誌名 Cell

論文タイトル  Intelligent Image-Activated Cell Sorting

著者:Nao Nitta, Takeaki Sugimura, Akihiro Isozaki, Hideharu Mikami, Kei Hiraki, Shinya Sakuma, Takanori Iino, Fumihito Arai, Taichiro Endo, Yasuhiro Fujiwaki, Hideya Fukuzawa, Misa Hase, Takeshi Hayakawa, Kotaro Hiramatsu, Yu Hoshino, Mary Inaba, Takuro Ito, Hiroshi Karakawa, Yusuke Kasai, Kenichi Koizumi, SangWook Lee, Cheng Lei, Ming Li, Takanori Maeno, Satoshi Matsusaka, Daichi Murakami, Atsuhiro Nakagawa, Yusuke Oguchi, Minoru Oikawa, Tadataka Ota, Kiyotaka Shiba, Hirofumi Shintaku, Yoshitaka Shirasaki, Kanako Suga, Yuta Suzuki, Nobutake Suzuki, Yo Tanaka, Hiroshi Tezuka, Chihana Toyokawa, Yaxiaer Yalikun, Makoto Yamada, Mai Yamagishi, Takashi Yamano, Atsushi Yasumoto, Yutaka Yatomi, Masayuki Yazawa, Dino Di Carlo, Yoichiroh Hosokawa, Sotaro Uemura, Yasuyuki Ozeki, and Keisuke Goda*

DOI番号       10.1016/j.cell.2018.08.028

詳細はこちらからご覧ください。

京都大学での解説
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/180828_1.html 

東京大学での解説
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2018/6009/

ページの先頭へ