MENU

研究概要

研究内容

生体内の環境は極めて多様で、各細胞は自身の置かれた微小環境に適応しながら形態と機能を維持している。近年、悪性固形腫瘍(がん)の内部に低酸素・低栄養・低pHをはじめとする特徴的な微小環境が存在し、がんの悪性形質や治療抵抗性を誘導する引き金になっていることが分かってきた(図1)。当研究室では、細胞の環境応答とがんの悪性化を担う遺伝子ネットワークを解明し(図2)、新たな治療法の確立に繋げることを目指して研究を進めている。

主な研究項目

  • 組織内の酸素・栄養・pH環境の変動に対する細胞の適応応答機構の解明
  • がん細胞が放射線や抗がん剤に対する抵抗性と悪性形質を獲得する機序の解明
  • がん細胞特異的なエネルギー代謝機構の解明
  • がん細胞の特性を活用した新規治療法の開発

 

 

 

Fig1

図1. 血管(青)遠位の低酸素がん細胞(緑)は放射線障害(赤)を受けにくい

 

図2.がん細胞の低酸素応答と悪性化を担う遺伝子ネットワーク

 

メンバー

教授原田浩harada.hiroshi.5e@kyoto-u.ac.jp
准教授小林純也kobayashi.junya.7e@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

がん細胞生物学 キーワード

がん  遺伝子発現制御  環境応答  シグナル伝達  イメージング  細胞増殖・分裂  代謝・物質生産

PAGE TOP