MENU

研究概要

研究内容

細胞内情報伝達や細胞構造転換の動的な制御のしくみを分子レベルで可視化し、分子の働きと結びついた細胞・個体の生理機能の解明を目指す。

主な研究項目

  • 蛍光単分子イメージングによる細胞運動制御シグナルの解明
  • 細胞メカノセンス:物理ストレスのシグナル伝達
  • 細胞超分子構造の自己組織化と崩壊、棲み分けの原理
  • 分子標的薬のリアルタイム作用可視化と創薬への応用
  • 革新的多重染色超解像顕微鏡IRISの開発と応用

 

メンバー

教授渡邊直樹watanabe.naoki.4v@kyoto-u.ac.jp
講師山城佐和子yamashiro.sawako.5c@kyoto-u.ac.jp
助教宮本章歳miyamoto.akitoshi.2c@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

 

分子動態生理学 キーワード

蛍光単分子イメージング  細胞運動  細胞メカノセンス  シグナル伝達学  アクチン重合 フォルミンファミリー  一分子蛍光偏光  超解像顕微鏡  分子標的薬  キナーゼ阻害薬  癌(がん)  定量生物学  動的平衡  細胞内生化学  リアルタイム細胞生理学

 

PAGE TOP