MENU

研究概要

研究内容

生体組織の発生・再生における幹細胞分化、多細胞組織・器官の形態形成、リモデリングによる機能的適応などにみられる階層的な生命システム動態の理解を目指し、力学・数理科学の観点から融合的研究を進める。

主な研究項目

  • 生体組織の発生・再生における幹細胞分化、形態形成、機能的適応のバイオメカニクス
  • 多細胞システムのダイナミクスから創発される組織発生と再生メカニズムの解明
  • 力学環境に応じたリモデリングによる生体組織の機能的適応メカニズムの解明
  • 細胞の力学刺激感知・接着機構における力学-生化学連成メカニズムの解明
  • 生体分子・細胞システムと人工システムの融合ナノ・マイクロ機構の創製と医工学応用

 

生体組織の形態形成は、多細胞活動が生み出す力の作用により制御されている。本研究では、実験や計算機シミュレーション、人工ナノ・マイクロシステムを駆使して、力学的な観点から組織形態形成のメカニズム解明を目指している。

 

メンバー

教授安達泰治adachi@infront.kyoto-u.ac.jp
助教亀尾佳貴kameo@infront.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

生体適応力学 キーワード

バイオメカニクス  メカノバイオロジー  細胞力学  形態形成  機能的適応  メカノセンシング  細胞運動  骨代謝数理モデリング  計算生体力学  ナノ・バイオ工学

PAGE TOP