MENU

研究概要

研究内容

放射線、化学物質、その他のストレスは、染色体の正確な複製と分配にとって障害となる。染色体におこった障害が修復されるまで細胞周期の進行を停止する各種チェックポイントはゲノム維持に不可欠な監視機構である。チェックポイントの分子メカニズムについて酵母、ヒト培養細胞を用いて研究する。

主な研究項目

  • スピンドルチェックポイントの分子メカニズム
  • 染色体分配機構
  • DNA損傷応答メカニズム
  • チェックポイント欠損による癌化経路

スピンドルチェックポイントが正常に機能した場合にみられる有糸分裂期の染色体分離(上図)と、このチェックポイントを強制解除した場合に見られる多核形成(下図)。

メンバー

教授松本智裕tmatsumo@house.rbc.kyoto-u.ac.jp
講師古谷寛治kfuruya@house.rbc.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

ゲノム維持機構学 キーワード

細胞周期チェックポイント  染色体  セントロメア/動原体  ゲノム不安定性  ストレス応答  有糸分裂

 

PAGE TOP