MENU

研究概要

研究内容

すべてのウイルスは感染した細胞の仕組みを巧みに利用することで、複製と増殖を繰り返しています。したがって、ウイルス研究はウイルスそのものを知ることにとどまらず、広く生命科学の基盤を明らかにできる研究領域です。私たちの研究室では、ウイルスがどのようにして増えるのか、なぜ病気を引き起こすのか、また私たち生き物と進化上どのような関係を保ってきたのかなど、ウイルスとウイルス感染症の基本原理を明らかにすることを目的に研究を行っています。本分野では、RNAを遺伝情報として持つウイルス(RNAウイルス)を研究対象としています。朝長は、中枢神経系に感染し人獣共通感染症の原因となるボルナウイルスを中心に、土方はC型肝炎ウイルスなどの肝炎ウイルスの研究を行っています。

主な研究項目

  • ボルナウイルスの持続感染機構の解析
  • RNAウイルスの内在化機構とその意義の解析
  • ボルナウイルスを利用したウイルスベクターの開発
  • 肝炎ウイルスの生活環に機能する細胞内シグナル伝達系の解析
  • 新たなヒト肝臓由来細胞の開発
uid000004_20111018131933c1e9eebc

 

メンバー

教授朝長啓造tomonaga@infront.kyoto-u.ac.jp
准教授土方誠mhijikat@infront.kyoto-u.ac.jp
助教牧野晶子makino.akiko.7r@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

朝長研究室

土方研究室

 

生体動態制御学 キーワード

インフルエンザウイルス  ボルナウイルス  HCV  RNA  細胞核  持続感染  内在性ウイルス  宿主応答  ウイルスベクター  進化

 

PAGE TOP