研究概要

 近年の分子細胞生物学の発展により、細胞の多様な振る舞いを分子レベルで説明できるようになってきた。しかし、個々の細胞挙動がどのように相互連絡して「細胞集団としての機能」が生み出され、多細胞生命システムが構築されるのか、その仕組みはほとんど分かっていない。当研究室では、細胞同士の「競合」と「協調」という現象に着目し、その分子機構を解析することで、器官発生や組織恒常性維持を支える細胞間コミュニケーションの基本原理、さらにはその破綻によって引き起こされるがんの発生・悪性化機構の解明を目指している。

More

ニュース&イベント

2021.04.01
3月23~4月1日にオンラインで開催された62nd Annual Drosophila Research Conferenceに参加しました。永田さんが口頭発表、松本くんがポスター発表を行いました。
2021.03.25
3月10日 香港科技大学のYan labとzoomでjoint meetingを行いました。榎本さん、永田さんが発表しました。
2021.02.05
井藤くんと井垣さんが執筆した総説が老年内科の特集に掲載されました!
2021.01.29
ラボOGの赤井さん&大澤さんの論文がPLOS Geneticsに掲載されました!おめでとうごさいます!!
プレスリリースはこちら
2020.10.14
10月14日 フランス国立科学研究センターのRomain labとzoomでjoint meetingを行いました。榎本さん、永田さんが発表しました。
2020.10.02
芥さんと井垣さんが執筆した総説が学会誌「基礎老化研究」に掲載されました!
2020.09.25
井垣さんが第38回「大阪科学賞」を受賞することが決定しました!!おめでとうございます!! また、その内容がNHKウェブニュース、朝日新聞、京都新聞、産経新聞に掲載されました。11月28日に授賞式および記念講演が行われます。
2020.07.31
井垣さんが企画した医学のあゆみ特集号『細胞競合による生体制御とがん』が発刊されました。「とても多くの先生方に細胞競合に関する素晴らしいご寄稿をいただきました。お忙しい中、本当にありがとうございました!」
2020.07.30
菅田さん、井垣さんが執筆したReviewがCancer Scienceに掲載されました!
2020.05.08
佐奈喜くんの論文がonline publishされました。また、その内容が産経新聞デジタル版読売新聞デジタル版糖尿病ネットワーク、産経新聞(5月8日夕刊 6面)および読売新聞(5月8日夕刊 8面)に掲載されました。
More