研究概要

 近年の分子細胞生物学の発展により、細胞の多様な振る舞いを分子レベルで説明できるようになってきた。しかし、個々の細胞挙動がどのように相互連絡して「細胞集団としての機能」が生み出され、多細胞生命システムが構築されるのか、その仕組みはほとんど分かっていない。当研究室では、細胞同士の「競合」と「協調」という現象に着目し、その分子機構を解析することで、器官発生や組織恒常性維持を支える細胞間コミュニケーションの基本原理、さらにはその破綻によって引き起こされるがんの発生・悪性化機構の解明を目指している。

More

ニュース&イベント

2022.05.06
学術変革領域研究(A)「多細胞生命自律性」のニュースレター創刊号がHPに掲載されました!
2022.03.17
3月14日〜16日、淡路島で第1回領域班会議・第9回細胞競合コロキウムを開催しました。参加者全員が発表しました!また、城戸さんがベストディスカッサー賞に選ばれました!おめでとう!!
2022.02.22
ラボOBのWangさんの論文をbioRxivに公開しました!
2022.02.09
永田さんの論文がCurrent Biology に掲載されました!おめでとうございます! また、京都大学のHPに掲載されました。
2022.01.11
研究員の永田さんが第38回井上研究奨励賞を受賞しました!おめでとうございます!!
2021.12.15
12月16日(木)13:00〜15:30 オンラインにて学術変革領域(A)「多細胞生命自律性 キックオフシンポジウム + 公募説明会」を開催します。登録締め切りは本日12月15日(水)です!
2021.12.06
学術変革領域 (A)「競合的コミュニケーションから迫る多細胞生命システムの自律性」のホームページが公開されました。
2021.12.06
越智くんの論文がPLOS Geneticsにアクセプトされました!おめでとうございます!
2021.11.24
12月6~8日にオンラインで行われるThe 51st NIPS International Symposium " Frontiers in Epithelial Cell Biology"において井垣さんが講演を行います。
2021.11.24
11月17, 18日にオンランインで行われた第2回細胞死コロキウムにおいて井垣さんが講演を行いました。
More