MENU

1月
31
2019
転写とヒストン修飾の生細胞ダイナミクス
1月 31 @ 17:00

・日 時:平成31年1月31日(木) 午後5時より

・場 所:生命科学研究科附属放射線生物研究センター(医学部構内) 1階セミナー室

・講演者:木村 宏 教授
      東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター

・連絡先:井倉 毅 (内線 7556)
      京都大学大学院生命科学研究科附属放射線生物研究センター
      クロマチン動態制御学分野

190131木村宏先生セミナー

2月
4
2019
In vivo calcium dynamics in plant cells: a holistic view
2月 4 @ 16:00 – 17:00

日時:2月4日(月曜日)16時から17時

演者(所属):Professor Alex Costa (Department of Biosciences, University of Milan, Italy)

演題:In vivo calcium dynamics in plant cells: a holistic view

場所:農学・生命科学研究棟(京都大学北部構内)セミナー室(2) (1階104号室)

世話人(分野):河内孝之(遺伝子特性学分野)

Costa_190204

2月
8
2019
1細胞解析から見えてきたヘテロクロマチン領域内部に存在する遺伝子の発現制御システム
2月 8 @ 17:00

・日 時:平成31年2月8日(金) 午後5時より

・場 所:生命科学研究科附属放射線生物研究センター(医学部構内) 1階セミナー室

・講演者:沖 昌也 教授
      福井大学 大学院工学研究科 生物応用化学専攻

・連絡先:井倉 毅 (内線 7556)
      京都大学大学院生命科学研究科附属放射線生物研究センター
      クロマチン動態制御学分野

190208沖昌也先生セミナー

2月
13
2019
Synthetic biology: from gene circuits to gene therapy
2月 13 @ 17:00 – 18:00

日時:2019年2月13日(水)17:00-18:00

講演者:Prof. Mark Isalan
    (Synthetic Biology, Life Sciences, Imperial College London)

演題:Synthetic biology: from gene circuits to gene therapy

言語:英語

場所:京都大学 本部構内 KUIAS/iCeMS本館(#77)
   2階 セミナールーム
<http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/>

アブストラクト:Recent advances in synthetic biology, directed evolution and genetic circuit engineering could lead to new practical applications. We are developing methods to engineer new proteins and transcription factors for bottom-up engineering of small genetic circuits. Furthermore, we are exploring ways to “rewire” large cellular networks, to access phenotype space conveniently. Finally, we have developed artificial zinc finger (ZF) transcription factor repressors to switch off the mutant huntingtin gene in Huntington’s disease (HD). By injecting AAV viruses expressing ZF, we were able to switch off mutant huntingtin by 80% in whole mouse brains, with effects lasting 6 months after a single injection. Thus, synthetic biology holds great promise for both biotechnology and medicine.

問い合わせ先:京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 鈴木淳
       jsuzuki-g*icems.kyoto-u.ac.jp(*を@に変換ください)(内線9771)

Mark Isalan Seminar

2月
20
2019
植物の細胞内運動と器官運動 Endomembrane-mediated organ straightening in plants
2月 20 @ 13:00 – 14:00

日時:2019年2 月20 日(水)13:00-14:00

演者(所属):西村 いくこ 教授(甲南大学理工学部生物学科、京都大学名誉教授)

演題:植物の細胞内運動と器官運動 Endomembrane-mediated organ straightening in plants

場所:北部構内 農学・生命科学研究棟1 階 セミナー室(2)

世話人(分野):河内 孝之(遺伝子特性学分野)、荒木 崇(分子代謝制御学分野)

講演ポスター190220

3月
4
2019
生命科学研究科 Spring School開講!
3月 4 @ 08:45 – 3月 20 @ 18:00

こちらのイベントは終了いたしました。
次回Summer School 2019を行う予定ですので、通知まで今しばらくお待ちください。
なお、この度参加頂いた学生からのアンケート結果は下記よりご確認ください。
Spring School 2018アンケート結果

 

来たれ、未来のノーべル賞科学者! 

ノーベル賞受賞者の多くは、学部生時代から研究室に出入りして先端科学に触れていたのだとか…。本気でノーベル賞を狙っているあなた、研究にちょっと興味のあるあなた、春休みに生命科学研究科で「研究の魅力」を体感してみませんか?
研究経験がなくても心配無用!
   一人ひとりにあわせて活動内容は配属研究室と決めることができます

対象者:京都大学の学部1~3回生(学部不問)

開催期間:2019年3月4日(月)~2019年3月20日(水)
【詳細期間】
  2019年3月4日(月) ガイダンス
  2019年3月5日(火)~2019年3月19日(火) 研究活動
  2019年3月20日(水)修了式

応募方法:Spring School応募用紙に必要事項を記入し、生命科学研究科教務掛(150kyomu@adm.lif.kyoto-u.ac.jp)宛てにメールにて提出。または教務窓口(医学部構内 G棟1階事務室)にて直接提出。

応募締切日:平成31年1月31日(木)17:00まで

研究室一覧
  2. 細胞周期学       石川 冬木 先生
  4. 微生物細胞機構学    福澤 秀哉 先生
  6. 分子代謝制御学     荒木 崇 先生
  7. 分子情報解析学     吉村 成弘 先生
10. 微細構造ウイルス学   野田 岳志 先生
11. 分子動態生理学     渡邊 直樹 先生
12. 生体システム学     加藤 裕教 先生
14. 高次生体統御学     垣塚 彰 先生
15. 理論生物学       本田 直樹 先生
16. 脳機能発達再生制御学  今吉 格 先生
17. ゲノム維持機構学    松本 智裕 先生
18. がん細胞生物学     原田 浩 先生
20. 生体適応力学      安達 泰治 先生
21. 染色体継承機能学    CARLTON, Peter 先生   

≪以下の研究室は定員に達したため応募できません。≫
  1. 遺伝子動態学      白石 英秋 先生
  3. 細胞認識学       上村 匡 先生
  5. 分子応答機構学     片山 高嶺 先生
  8. 神経発生学       見学 美根子 先生
  9. 細胞動態生化学     鈴木 淳 先生
 13. システム機能学     井垣 達吏 先生
 19. 細胞増殖統御学     豊島 文子 先生

その他:様式ダウンロード
Spring School フライヤー
Spring School応募用紙

3月
6
2019
17th International Student Seminar
3月 6 @ 09:00 – 3月 7 @ 19:00

ビッグデータなどの技術的進歩。がん免疫療法などの分野横断的な研究。世界的な競争の中で、自分の研究をどうアピールしていくのか?

International Student Seminarでは、数々のノーベル賞受賞者も立った演台でトークする機会が得られます。さらに、学内外から招聘された審査員のフィードバックにより、自身のプレゼン能力をブラッシュアップすることができます。上位プレゼンターには表彰があります。また、世界中から集まるゲストスピーカーや参加者とのパーティで交流を深められます。

11日から始まるCareer Development Sessionでは、卒業生によるAcademiaや企業への就職経験が聞くことができ、良き相談相手を得られるでしょう。

開催期間
Talk session – 2019年3月6日、7日
Career Development Session – 2019年3月11日、12日

詳細はホームページにてご確認ください。
http://www.17thiss.lif.kyoto-u.ac.jp

ISS plenary keynote -The Unfolded Protein Response: the Dawn of a New Field-
3月 6 @ 10:00 – 11:00

・日 時:2019年3月6日 水曜日 10:00-11:00

・場 所:芝蘭会館 稲盛ホール

・講演者:森 和俊 教授,京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻 生物物理学教室

・連絡先:米原 伸 客員教授,京都大学薬学研究科の寄附講座ナノバイオ医薬創成科学講座
     <yonehara.shin.8s@kyoto-u.ac.jp>

森先生プレナリー

3月
8
2019
ABHD6 negatively regulates the trafficking and function of AMPA receptors
3月 8 @ 15:00 – 16:00

日時:2019年3月8日(金)15:00-16:00

講演者:Dr.  Mengping Wei
      (State Key Laboratory of Membrane Biology, School of Life Sciences, Peking University)

演題: ABHD6 negatively regulates the trafficking and function of AMPA receptors

言語:英語

場所:京都大学 高等研究院(iCeMS)本館(建物番号 77)2階 セミナールーム (A207) 
   http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/ja/access/

アブストラクト:
Regulation of AMPA receptor (AMPAR)-mediated synaptic transmission is a key mechanism for synaptic plasticity. High-resolution proteomics analysis revealed that native AMPARs were macromolecular complex including a number of auxiliary subunits, including TARPs, CNIHs, GSG1L and CKAMP44, which are important for AMPARs forward trafficking to synapses. Our studies shows that ABHD6 negatively regulates AMPAR-mediated synaptic transmission. Overexpression of ABHD6 in neurons drastically reduced, and ABHD6 knockout (KO) enhances, excitatory neurotransmission mediated by AMPARs and surface expression levels of AMPARs. Interestingly, overexpression of ABHD6 reduced glutamate-induced currents and the surface expression of GluA1 in HEK293T cells expressing GluA1 and stargazin, suggesting a direct functional interaction between ABHD6 and GluA1.The C-terminal tail of GluA1 was required for the binding between of ABHD6 and GluA1, suggested by pull down assay. Future analysis showed that overexpression of ABHD6 led to the retention of AMPARs in the endoplasmic reticulum and thus inhibited the surface delivery of AMPARs and AMPAR-mediated responses. Futuremore, overexpression of ABHD6 decreased the tau of desesitization. Finally, ABHD6 KO mice exhibited decreased LTP and incresed LTD. Thus, our findings reveal a novel and unexpected mechanism governing AMPAR trafficking at synapses through ABHD6.

Keywords: AMPA receptor, ABHD6, trafficking, synaptic plasticity

問い合わせ先:京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS)、大学院生命科学研究科神経発生学分野 見学美根子
        kengaku-g*icems.kyoto-u.ac.jp(*を@に変換ください)(内線9833)

ポスター:Mengping Wei_20190308

3月
12
2019
第17回国際学生セミナー 卒業生講演
3月 12 @ 13:30 – 15:30

・日 時:2019年3月12日 火曜日 13:30-15:30

・場 所:京都大学医学・生命科学総合研究棟(G棟) セミナー室A

・講演者:本城 咲季子 助教,筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構

     清光 智美  助教,名古屋大学 理学研究科 細胞内ダイナミクスグループ

     川口 喬吾 白眉研究チームリーダー, 理化学研究所 生命機能科学研究センター

・連絡先:米原伸 客員教授,京都大学薬学研究科の寄附講座ナノバイオ医薬創成科学講座
     <yonehara.shin.8s@kyoto-u.ac.jp>

ISS卒業生講演

PAGE TOP