MENU

1月
29
2019
論文公聴会
1月 29 @ 13:00 – 14:00

場所:医学・生命科学総合研究棟 セミナー室A

詳細はKULASIS(学内専用サイト)をご覧ください。

1月
30
2019
論文公聴会
1月 30 @ 09:00 – 10:00

場所:医学・生命科学総合研究棟 セミナー室B

詳細はKULASIS(学内専用サイト)をご覧ください。

論文公聴会
1月 30 @ 18:00 – 19:00

場所:医学・生命科学総合研究棟 セミナー室B

詳細はKULASIS(学内専用サイト)をご覧ください。

1月
31
2019
論文公聴会
1月 31 @ 11:00 – 12:00

場所:医学部F棟1階 セミナー室

詳細はKULASIS(学内専用サイト)をご覧ください。

転写とヒストン修飾の生細胞ダイナミクス
1月 31 @ 17:00

・日 時:平成31年1月31日(木) 午後5時より

・場 所:生命科学研究科附属放射線生物研究センター(医学部構内) 1階セミナー室

・講演者:木村 宏 教授
      東京工業大学 科学技術創成研究院 細胞制御工学研究センター

・連絡先:井倉 毅 (内線 7556)
      京都大学大学院生命科学研究科附属放射線生物研究センター
      クロマチン動態制御学分野

190131木村宏先生セミナー

2月
4
2019
In vivo calcium dynamics in plant cells: a holistic view
2月 4 @ 16:00 – 17:00

日時:2月4日(月曜日)16時から17時

演者(所属):Professor Alex Costa (Department of Biosciences, University of Milan, Italy)

演題:In vivo calcium dynamics in plant cells: a holistic view

場所:農学・生命科学研究棟(京都大学北部構内)セミナー室(2) (1階104号室)

世話人(分野):河内孝之(遺伝子特性学分野)

Costa_190204

2月
6
2019
論文公聴会
2月 6 @ 17:00 – 18:00

場所:医学・生命科学総合研究棟 セミナー室A

詳細はKULASIS(学内専用サイト)をご覧ください。

論文公聴会
2月 6 @ 18:00 – 19:00

場所:医学・生命科学総合研究棟 セミナー室A

詳細はKULASIS(学内専用サイト)をご覧ください。

2月
8
2019
1細胞解析から見えてきたヘテロクロマチン領域内部に存在する遺伝子の発現制御システム
2月 8 @ 17:00

・日 時:平成31年2月8日(金) 午後5時より

・場 所:生命科学研究科附属放射線生物研究センター(医学部構内) 1階セミナー室

・講演者:沖 昌也 教授
      福井大学 大学院工学研究科 生物応用化学専攻

・連絡先:井倉 毅 (内線 7556)
      京都大学大学院生命科学研究科附属放射線生物研究センター
      クロマチン動態制御学分野

190208沖昌也先生セミナー

2月
13
2019
Synthetic biology: from gene circuits to gene therapy
2月 13 @ 17:00 – 18:00

日時:2019年2月13日(水)17:00-18:00

講演者:Prof. Mark Isalan
    (Synthetic Biology, Life Sciences, Imperial College London)

演題:Synthetic biology: from gene circuits to gene therapy

言語:英語

場所:京都大学 本部構内 KUIAS/iCeMS本館(#77)
   2階 セミナールーム
<http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y/>

アブストラクト:Recent advances in synthetic biology, directed evolution and genetic circuit engineering could lead to new practical applications. We are developing methods to engineer new proteins and transcription factors for bottom-up engineering of small genetic circuits. Furthermore, we are exploring ways to “rewire” large cellular networks, to access phenotype space conveniently. Finally, we have developed artificial zinc finger (ZF) transcription factor repressors to switch off the mutant huntingtin gene in Huntington’s disease (HD). By injecting AAV viruses expressing ZF, we were able to switch off mutant huntingtin by 80% in whole mouse brains, with effects lasting 6 months after a single injection. Thus, synthetic biology holds great promise for both biotechnology and medicine.

問い合わせ先:京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 鈴木淳
       jsuzuki-g*icems.kyoto-u.ac.jp(*を@に変換ください)(内線9771)

Mark Isalan Seminar

PAGE TOP