MENU

12月
2
2019
論文公聴会
12月 2 @ 15:30 – 16:30

◆氏名:石川 正真
◆題目:初代培養ラット胎児由来神経細胞を用いた細胞老化機構の解析
◆日時:2019年12月2日(月)15:30-16:30
◆場所:医学・生命科学総合研究棟 セミナー室A

12月
6
2019
Mechanisms of short- and long-term mechanosensing
12月 6 @ 17:00 – 18:00

日時:2019年12月6日(金)17:00-18:00

講演者:Dr. Haguy Wolfenson
   (Assistant Professor, Rappaport Faculty of Medicine, Technion-Israel Institute of Technology, Haifa, Israel)

演題: Mechanisms of short- and long-term mechanosensing

言語:英語

場所:京都大学 高等研究院(iCeMS)本館(建物番号 77)2階 セミナールーム (A207)
http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/ja/access/

アブストラクト:
Cells respond to mechanical signals from their environment in a variety of ways. In particular, the rigidity of the extracellular matrix (ECM) to which cells adhere is a critical determinant of the most fundamental cellular processes, including cell migration, differentiation, death, and growth. In order to test the rigidity of the ECM, cells apply cytoskeletal-based forces to it; however, there are fundamental aspects of this ‘mechanosensing’ process that are poorly understood. In my talk, I will discuss our recent findings on the kinetics of contractile force generation during mechanosensing. Based on a mathematical model of cell contractility, we predict that for a broad range of physiological and laboratory conditions the contractile force scales with the environment‘s rigidity, where the proportionality factor is an intrinsic, cell-specific time-dependent contractile displacement that is non-mechanosensitive, i.e. independent of the environment’s rigidity. Our extensive experiments on various adherent cells show that, as predicted, the time-dependent contractile displacement is independent of the rigidity, varied more than 15-fold. Furthermore, we show that the intrinsic time-dependent contractile displacement is directly related to the evolution of the actomyosin network, properly quantified by the time-dependent concentration of F-actin. The emerging picture unifies various other existing observations on cellular contractility and provides a novel framework to address the process of mechanosensing.

Key Words:Mechanosensing, ECM

問い合わせ先:京都大学物質-細胞統合システム拠点(iCeMS) 見学グループ 中澤直高
       kengaku-g*icems.kyoto-u.ac.jp(*を@に変換ください)(内線9833)

191206 Dr.Wolfenson seminar flyer

12月
13
2019
How to combine electron and light microscopy data for searching sleep regulatory circuits
12月 13 @ 13:00 – 14:30

日時:2019年12月13日(金)13:00~14:30
演者(所属):伊藤 正芳 博士
Janelia Research Campus
Howard Hughes Medical Institute
演題:How to combine electron and light microscopy data for searching sleep regulatory circuits
場所:京都大学医学・生命科学総合研究棟 (G 棟) セミナー室B
世話人(分野):上村 匡(細胞認識学分野)

講演ポスター191213伊藤正芳

Hippo signaling in and around liver cancer
12月 13 @ 14:00 – 15:00

Hippo signaling in and around liver cancer

University of Leuven, Belgium,
Prof. Georg Halder

12 月 13 日(金) 14:00-15:00
生命科学研究科 G 棟セミナー室(A)

連絡先 システム機能学分野 井垣達吏 内線番号 7684

ポスター(HALDER先生)

12月
20
2019
Direct reprogramming of microglia into functional neurons by a single transcription factor, NeuroD1
12月 20 @ 17:00

日時:2019年12月20日 17:00-
演者1(所属):Taito Matsuda (Kyushu Univ)
演題1:Direct reprogramming of microglia into functional neurons by a single transcription factor, NeuroD1
演者2(所属):Kazunobu Sawamoto (Nagoya City Univ)
演題2:Neuronal migration: strategies for development, maintenance and repair
     of the postnatal brain
場所:基礎医学記念講堂
世話人:今吉格

191220Course_meeting flyer

12月
23
2019
ZEISS LSM 980 with Airyscan2 の説明会
12月 23 @ 13:00 – 12月 24 @ 16:00

iCeMS解析センターに導入されました ZEISS LSM 980 with Airyscan2 の説明会を開催いたします。
Airyscan2 による並列4ライン/8ラインの高速スキャンは、光傷害/光褪色を低減した広視野での4次元超解像観察を可能にします。
また、Airyscan2 と同様に生細胞観察に適した新しい構造化照明 (SIM) 超解像顕微鏡、ZEISS Elyra 7 with Lattice
SIM との比較についても紹介します。
カールツァイス 山口雅子さんによる技術紹介と、その後、実機によるデモンストレーションを予定しています。
12月6日 (金)
までに、以下の参加登録URLのフォームに入力いただき、希望スロットをお知らせ下さい(参加可能な時間帯をを全て選択して下さい)。参加費は無料です。

お問い合わせは iCeMS解析センターバイオ解析部門の藤原 (tfujiwara@icems.kyoto-u.ac.jp) までお願いします。

日時
Slot 1: 12月23日 (月) 13:00-14:00 (日本語)
Slot 2: 12月23日 (月) 15:00-16:00 (日本語)
Slot 3: 12月24日 (火) 13:00-14:00 (日本語)
Slot 4: 12月24日 (火) 15:00-16:00 (英語)

場所
技術紹介: 京都大学本部構内 総合研究1号館 (建物番号32) 119室
デモ: ZEISS-iCeMS Innovation Core (総合研究1号館別館 304室)

参加登録URL: https://forms.gle/akmTbaQvHbPqSEkv5日 時:12月28日(金) 17:00~18:00

LSM980Airyscan2_BriefingSession_rev

12月
24
2019
論文公聴会
12月 24 @ 16:00 – 17:00

◆氏名:染田 真孝
◆題目:Caspase-8が制御するレチノイン酸誘導細胞分化とネクロプトーシスの分子機構解析
◆日時:2019年12月24日(火) 16:00-17:00
◆場所:先端科学研究棟1階 大セミナー室

Mechanochemical feedback control in mammalian blastocyst patterning
12月 24 @ 16:30

「SPIRITS Special Seminar」
日時:2019年12月24日(火)16:30から
演者(所属):Chii Jou Chan(EMBL Heidelberg)
演題:Mechanochemical feedback control in mammalian blastocyst patterning
場所:京都大学医学研究科F棟1階セミナー室

詳細は下記ウェブページをご覧ください。
https://www.kudlc.com/lecture-course

Poster_Joe_191224

1月
17
2020
Spring School 2019 応募締切日
1月 17 終日

Spring School 2019 の応募締切日です。

応募の方法等についてはこちらからご参照ください。

PAGE TOP