MENU

1
2
3
4
生命科学研究科 Spring School開講! 08:45
生命科学研究科 Spring School開講!
3月 4 @ 08:45 – 3月 20 @ 18:00
こちらのイベントは終了いたしました。 次回Summer School 2019を行う予定ですので、通知まで今しばらくお待ちください。 なお、この度参加頂いた学生からのアンケート結果は下記よりご確認ください。 Spring School 2018アンケート結果   来たれ、未来のノーべル賞科学者!  ノーベル賞受賞者の多くは、学部生時代から研究室に出入りして先端科学に触れていたのだとか…。本気でノーベル賞を狙っているあなた、研究にちょっと興味のあるあなた、春休みに生命科学研究科で「研究の魅力」を体感してみませんか? 研究経験がなくても心配無用!    一人ひとりにあわせて活動内容は配属研究室と決めることができます 対象者:京都大学の学部1~3回生(学部不問) 開催期間:2019年3月4日(月)~2019年3月20日(水) 【詳細期間】   2019年3月4日(月) ガイダンス   2019年3月5日(火)~2019年3月19日(火) 研究活動   2019年3月20日(水)修了式 応募方法:Spring School応募用紙に必要事項を記入し、生命科学研究科教務掛(150kyomu@adm.lif.kyoto-u.ac.jp)宛てにメールにて提出。または教務窓口(医学部構内 G棟1階事務室)にて直接提出。 応募締切日:平成31年1月31日(木)17:00まで 研究室一覧   2. 細胞周期学       石川 冬木 先生   4. 微生物細胞機構学    福澤 秀哉 先生   6. 分子代謝制御学     荒木 崇 先生   7. 分子情報解析学     吉村 成弘 先生 10. 微細構造ウイルス学   野田 岳志 先生 11. 分子動態生理学     渡邊 直樹 先生 12. 生体システム学     加藤 裕教 先生 14. 高次生体統御学     垣塚 彰 先生 15. 理論生物学       本田 直樹 先生 16. 脳機能発達再生制御学  今吉 格 先生 17. ゲノム維持機構学    松本 智裕 先生 18. がん細胞生物学     原田 浩 先生 20. 生体適応力学      安達 泰治 先生 21. 染色体継承機能学    CARLTON, Peter 先生    ≪以下の研究室は定員に達したため応募できません。≫   1. 遺伝子動態学      白石 英秋 先生 3. 細胞認識学       上村 匡 先生 5. 分子応答機構学     片山 高嶺 先生   8. 神経発生学       見学 美根子 先生   9. 細胞動態生化学     鈴木 淳 先生 13. システム機能学     井垣 達吏 先生 19. 細胞増殖統御学     豊島 文子 先生 その他:様式ダウンロード Spring School フライヤー Spring School応募用紙
5
6
17th International Student Seminar 09:00
17th International Student Seminar
3月 6 @ 09:00 – 3月 7 @ 19:00
ビッグデータなどの技術的進歩。がん免疫療法などの分野横断的な研究。世界的な競争の中で、自分の研究をどうアピールしていくのか? International Student Seminarでは、数々のノーベル賞受賞者も立った演台でトークする機会が得られます。さらに、学内外から招聘された審査員のフィードバックにより、自身のプレゼン能力をブラッシュアップすることができます。上位プレゼンターには表彰があります。また、世界中から集まるゲストスピーカーや参加者とのパーティで交流を深められます。 11日から始まるCareer Development Sessionでは、卒業生によるAcademiaや企業への就職経験が聞くことができ、良き相談相手を得られるでしょう。 開催期間 Talk session – 2019年3月6日、7日 Career Development Session – 2019年3月11日、12日 詳細はホームページにてご確認ください。 http://www.17thiss.lif.kyoto-u.ac.jp
ISS plenary keynote -The Unfolded Protein Response: the Dawn of a New Field- 10:00
ISS plenary keynote -The Unfolded Protein Response: the Dawn of a New Field-
3月 6 @ 10:00 – 11:00
・日 時:2019年3月6日 水曜日 10:00-11:00 ・場 所:芝蘭会館 稲盛ホール ・講演者:森 和俊 教授,京都大学大学院理学研究科 生物科学専攻 生物物理学教室 ・連絡先:米原 伸 客員教授,京都大学薬学研究科の寄附講座ナノバイオ医薬創成科学講座      <yonehara.shin.8s@kyoto-u.ac.jp> 森先生プレナリー
7
8
論文公聴会 11:00
論文公聴会
3月 8 @ 11:00 – 12:00
場所:農学・生命科学研究棟1階セミナー室(A)
ABHD6 negatively regulates the trafficking and function of AMPA receptors 15:00
ABHD6 negatively regulates the trafficking and function of AMPA receptors
3月 8 @ 15:00 – 16:00
日時:2019年3月8日(金)15:00-16:00 講演者:Dr.  Mengping Wei       (State Key Laboratory of Membrane Biology, School of Life Sciences, Peking University) 演題: ABHD6 negatively regulates the trafficking and function of AMPA receptors 言語:英語 場所:京都大学 高等研究院(iCeMS)本館(建物番号 77)2階 セミナールーム (A207)     http://www.icems.kyoto-u.ac.jp/ja/access/ アブストラクト: Regulation of AMPA receptor (AMPAR)-mediated synaptic transmission is a key mechanism for synaptic plasticity. High-resolution proteomics analysis revealed that native AMPARs were macromolecular complex including a number of auxiliary subunits, including TARPs, CNIHs, GSG1L and CKAMP44, which are important for AMPARs forward trafficking to synapses. Our studies shows that ABHD6 negatively regulates AMPAR-mediated synaptic transmission. Overexpression of ABHD6 in neurons drastically reduced, and ABHD6 knockout (KO) enhances, excitatory neurotransmission mediated by AMPARs and surface […]
9
10
11
12
第17回国際学生セミナー 卒業生講演 13:30
第17回国際学生セミナー 卒業生講演
3月 12 @ 13:30 – 15:30
・日 時:2019年3月12日 火曜日 13:30-15:30 ・場 所:京都大学医学・生命科学総合研究棟(G棟) セミナー室A ・講演者:本城 咲季子 助教,筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構      清光 智美  助教,名古屋大学 理学研究科 細胞内ダイナミクスグループ      川口 喬吾 白眉研究チームリーダー, 理化学研究所 生命機能科学研究センター ・連絡先:米原伸 客員教授,京都大学薬学研究科の寄附講座ナノバイオ医薬創成科学講座      <yonehara.shin.8s@kyoto-u.ac.jp> ISS卒業生講演
13
14
論文公聴会 13:00
論文公聴会
3月 14 @ 13:00 – 14:00
場所:医学・生命科学総合研究棟 セミナー室A
15
Regulatory function of natural killer cells in cancer-associated inflammation. 14:00
Regulatory function of natural killer cells in cancer-associated inflammation.
3月 15 @ 14:00 – 15:00
演 題:Regulatory function of natural killer cells in cancer-associated inflammation. 日 時:3月15日 14:00~15:00 場 所:医学部G棟 医学・生命科学総合研究棟(生命科学研究科)・セミナー室A 20190315_Seminar_Dr Yoshihiro Hayakawa
Microscopy techniques best for live-cell imaging 15:00
Microscopy techniques best for live-cell imaging
3月 15 @ 15:00 – 17:00
【日時】平成31年3月15日(金)15-17時 【場所】     医学部構内 G棟2階セミナー室A     講演言語:英語  【講師1】Lin Shao博士 【講演タイトル】Microscopy techniques best for live-cell imaging 【要旨】 This seminar will review two fluorescent microscopy techniques: lattice light-sheet and structured illumination microscopy, the former with conventional and the latter doubled resolution. One feature they share is that for live whole cell imaging, they are arguably both the technique of choice within their respective class of techniques with similar resolving power. Examples and best practices for each technique will be discussed. 【講師2】松田厚志博士 【講演タイトル】Beyond multicolor super-resolution microscopy 【要旨】 Correction of chromatic shift is necessary for precise registration of multicolor fluorescence images of biological specimens. New emerging technologies in fluorescence microscopy with increasing spatial resolution and penetration […]
温度作動型の36時間- 計時機能による細胞活動の時間制御~36時間タイマーで1日のスケジュール管理をする生き物の話~国立遺伝学研究所 仁木宏典 先生 17:00
温度作動型の36時間- 計時機能による細胞活動の時間制御~36時間タイマーで1日のスケジュール管理をする生き物の話~国立遺伝学研究所 仁木宏典 先生
3月 15 @ 17:00 – 18:00
・日 時:平成31年3月15日(金) 17時00分~18時00分 ・場 所:放射線生物研究センター(医学部構内) 1階 セミナー室 ・講演者:仁木 宏典 教授       情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 微生物機能研究室 ・連絡先:古谷 寛治 (内線 7555)       京都大学・大学院生命科学研究科・附属放射線生物研究センター ゲノム維持機構学分野 仁木先生 セミナー 周知 生命
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
修了生歓送会のお知らせ 17:00
修了生歓送会のお知らせ
3月 25 @ 17:00 – 19:00
●修了生歓送会のお知らせ 平成30年度修了生歓送会を開催しますので、皆さまのご参加をお待ちしております。生命科学研究科の同窓会 「いぶき」の活動にご協力をお願いします。           日程:平成31年3月25日(月)17:00~19:00 場所:医学・生命科学総合研究棟(医学部構内G棟)2階セミナー室A 会費:教員:2,000円 在学生・修了生等:1,000円 歓送会企画委員(担当副専攻長)松本 智裕
26
The Actin Cytoskeleton Helps Neurons Survive Stroke: a Novel Protective Molecular Pathway in Cellular Edema 16:00
The Actin Cytoskeleton Helps Neurons Survive Stroke: a Novel Protective Molecular Pathway in Cellular Edema
3月 26 @ 16:00 – 17:30
Date: March 26, 4 PM Shelley Halpain Professor Division of Biological Sciences UC San Diego Title of the talk: The Actin Cytoskeleton Helps Neurons Survive Stroke:  a Novel Protective Molecular Pathway in Cellular Edema Language to be used: English Room: 103, Science Frontier Laboratory Building Short description of the talk: Neurons exposed to hypoxia hyperactivate glutamate receptors, which leads to loss of membrane potential, cell swelling, and oncosis.  Dr. Halpain will describe a neuronal pro-survival mechanism whereby the actin cytoskeleton is rapidly reorganized in dendrites in response to glutamate receptor hyperactivation. Halpain Seminar flyer
27
28
29
ライトシート顕微鏡 実技講習会 10:00
ライトシート顕微鏡 実技講習会
3月 29 @ 10:00
演 題:ライトシート顕微鏡 実技講習会 日 時:3月29日(金) ①10:00~ ②13:30~ ③16:00~ 場 所:京都大学医学研究科 F棟・地下005室 申込締切:3月25日(月)   ※申込方法 下記URLより実技講習申込をお願いいたします。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfKdUqZVzBi9GP6Hl4LItELw9r1Uu7_fqkkY7vaZGoHrq2sIQ/viewform?c=0&w=1 ライトシート顕微鏡実技講習会2019329
30
31

PAGE TOP