分子代謝制御学

研究概要

研究内容

植物が示す内的・外的環境へのさまざまな応答現象を研究する。基盤をなす分子機構の解明と現象の解析を通して新たな調節様式の発見をめざす。

主な研究項目

  1. 成長相の転換(被子植物の花成とコケ植物の配偶子器分化開始)を調節する分子機構に関する研究
  2. 花成ホルモン(フロリゲン)の輸送と作用の分子機構に関する研究
  3. 生殖系列と配偶子の分化を調節する分子機構に関する研究
  4. 生活環の調節機構の進化に関する研究

メンバー

教授荒木崇taraqui@lif.kyoto-u.ac.jp
准教授山岡尚平syamaoka@lif.kyoto-u.ac.jp
助教井上佳祐inoue.keisuke.6w@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

分子代謝制御学 キーワード

植物  環境応答  光応答  発生  分化  生活環調節  花成  茎頂メリステム  長距離シグナル   概日時計  有性生殖  配偶子形成  胚発生  シロイヌナズナ  ゼニゴケ