細胞情報動態学

研究概要

研究内容

新型コロナウイルス感染症に代表されるようにウイルス感染症は重要な疾患である。新型インフルエンザ感染症、エボラ出血熱、中東呼吸器症候群(MERS)、ジカウイルス感染症など社会を揺るがす問題となっている。ヒトを含む高等動物はインターフェロン系による抗ウイルス自然免疫による防御システムを有している。ウイルスが感染して複製すると正常には存在しない構造のRNA(二重鎖RNAなどの構造)を生じ、それをウイルスRNAセンサーであるRIG-I様受容体(RLR)が感知して一連の応答が誘導され、インターフェロンが産生される。当研究室ではウイルス感染の予防や治療に応用する事を目的としてRIG-Iによる防御機構の研究を行っている。研究は原子レベルから動物個体まで幅広く行っている。

最近の研究成果

Takeuchi, F. et. al. (2019) Screening for inhibitor of episomal DNA identified dicumarol as a hepatitis B virus inhibitor. PLOS ONE.  doi:10.1371/journal.pone.0212233
Soda, N. et al. (2019) Singleton-Merten Syndrome−like Skeletal Abnormalities in Mice with Constitutively Activated MDA5. The Journal of Immunology 203, 1356. 2019  doi: 10.4049/jimmunol.1900354 July 2019
Hajake, T. et. al. (2019) Broad and systemic immune-modulating capacity of plant-derived dsRNA International Immunology, Vol. 31, No. 12, pp. 811–821 2019. doi:10.1093/intimm/dxz054
Abe, H. et. al. (2020) Priming Phosphorylation of TANK-Binding Kinase 1 by IkB Kinase b Is Essential in Toll-Like Receptor 3/4 Signaling. Molecular and Cellular Biology 40, 2020 doi.org/10.1128/MCB.00509-19.
Duic, I. et al. (2020) Viral RNA recognition by LGP2 and MDA5, and activation of signaling through step-by-step conformational changes. Nucleic Acids Research, 2020 1 doi: 10.1093/nar/gkaa935
Abu Tayeh, A. et al. (2020) Psoriasis-like skin disorder in transgenic mice expressing a RIG-I Singleton–Merten syndrome variant. International Immunology 2020  https://doi.org/10.1093/intimm/dxaa071
Onizawa, H. et. al. (2020) Aicardi–Goutières syndrome-like encephalitis in mutant mice with constitutively active MDA5. International Immunology 2020 https://doi.org/10.1093/intimm/dxaa073
Khalil, J. et. al. (2021) The Nonstructural Protein NSs of Severe Fever with Thrombocytopenia Syndrome Virus Causes a Cytokine Storm through the Hyperactivation of NF-κB. Molecular and Cellular Biology 2021 Volume 41 Issue 3 e00542-20

メンバー

教授 野田岳志 t-noda@infront.kyoto-u.ac.jp

研究室のサイトへ