発生動態学

研究概要

研究内容

発生過程における遺伝子発現制御機構をイメージング、光遺伝学、遺伝子改変マウスといった最新の技術を使って研究する。数理モデルから予測される現象を光遺伝学や遺伝子改変技術を使って検証することで、発生動態の理解を目指す。

主な研究項目

  • イメージングによる各種遺伝子発現の時空間定量
  • 光遺伝学技術による時空間特異的な遺伝子発現制御
  • 各種変異を導入した遺伝子改変マウスの作製と解析
発生動態学

メンバー

准教授大塚俊之tohtsuka@infront.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ