呉攸(博士後期課程大学院生)、見学美根子教授らの研究成果が「Development」誌に掲載されました。

呉攸(博士後期課程大学院生)、見学美根子教授らの研究成果が「Development」誌のハイライトとして掲載され、
インタビューを受けました。

哺乳類脳の皮質形成において、神経細胞の移動は必須の現象です。本研究では小脳顆粒細胞の移動をモデルとして
高解像で移動中の細胞を観察し、細胞の核がダイナミックに変形・回転しながら移動する様子を捉え、その分子機構の
一端を明らかにしました。

詳細はこちらからご覧ください。

http://dev.biologists.org/content/145/5/e0502

http://thenode.biologists.com/people-behind-papers-wu-mineko-kengaku/interview/

http://dev.biologists.org/content/develop/145/5/dev158782.full.pdf?with-ds=yes