高次生命科学専攻

理論生物学

研究概要

研究内容

動的かつ複雑な生命現象の背後に潜む規則性やメカニズムを理解するために、数理モデリングと機械学習を組み合わせることで、生命現象を司る支配方程式をデータ駆動的に解読する研究を展開しています。

主な研究項目

  • 神経コネクトームデータから軸索配線ルールの推定
  • 1細胞RNA-seqデータから空間トランスプリプトームの再構成
  • 多細胞ライブイメージングデータから支配方程式の同定
  • 神経変性疾患の早期発見のためのデータ駆動モデリング
  • 行動データから行動戦略・心の揺れの解読
  • 免疫/幹細胞/形態ダイナミクスの数理モデリング

メンバー

本田 直樹特命教授

nhonda@hiroshima-u.ac.jp
  • @マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

アクセス

広島大学 東広島キャンパス 研究棟C

交通アクセスはこちら