高次生命科学専攻

光神経分子生理学

研究概要

研究内容

私たちの脳では、神経細胞が巨大なネットワークを形成しており、複雑な情報処理をおこなうことで、認知や学習などの様々な高次脳機能を実現しています。高次脳機能の仕組みはとても複雑で難解ですが、解明が期待されている現代科学の課題の一つであるといえます。高次脳機能のメカニズムを解明するためには、脳内のニューロンの活動を正確に計測する技術が必要不可欠です。私たちの研究室では、高次脳機能メカニズム解明に必要な新規高感度蛍光プローブの開発をおこなっています。また、開発したプローブをマウス生体脳へ応用し、嗅覚情報処理の回路メカニズムの研究をおこなっています。

主な研究項目


2光子顕微鏡を使った嗅球の活動イメージング

  • 神経細胞の活動を可視化するための蛍光プローブの開発
  • 神経細胞の細胞内分子の動態を可視化するための蛍光プローブの開発
  • イメージング技術を使った嗅覚情報処理メカニズムの研究

メンバー

坂本 雅行特定准教授

sakamoto.masayuki.2e@kyoto-u.ac.jp 教員情報
  • @マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

アクセス

吉田キャンパス 病院西構内 医生物学研究所北実験棟

キャンパスマップはこちら