メカノバイオロジー研究を学ぶ, 2019

いつ:
2019年11月15日 @ 15:30
2019-11-15T15:30:00+09:00
2019-11-15T15:45:00+09:00

日時:2019年11月15日(金) 15:30から
場所:京都大学医学研究科A棟103
言語:日本語
講演者ならびに講演タイトル(講演順):
・中澤 直高(京都大学 iCeMS)
『微小間隙を遊走するニューロンのメカノレスポンス』
・牧 功一郎(ヘルシンキ大学 HiLIFE研究所)
『静水圧が軟骨細胞のクロマチン構造に及ぼす効果-複製ストレスを防ぐ仕組み』
・岩城 光宏(理化学研究所 生命機能化学研究センター)
『DNAナノデバイスを活用した心臓の高解像分子イメージング』
・山本 希美子(東京大学 医学系研究科)
『血管内皮の血流センシングと循環調節』
・山本 暁久(京都大学 高等研究院)
『細胞集団秩序の定量によるヒト角膜内皮の培養細胞と再生組織の予後予測法の開発』
・石本 健太(京都大学 数理解析研)
『細胞運動と流れのダイナミクス』
・平島 剛志(京都大学 医学研究科)
『分岐形態形成におけるメカノケミカルフィードバック』

詳細な情報はポスター(生命動態研究センターのwebページ「ANNOUNCEMENTS」の欄、「2019.11.15 Minisymposium on
Mechanobiology」のタブをクリックしていただきますとダウンロードできます)をご覧いただければ幸いです。
https://www.kudlc.com/

MechanoBiol2019_poster