MENU

同窓会

修了生歓送会のお知らせ

平成30年度修了生歓送会を開催しますので、皆さまのご参加をお待ちしております。生命科学研究科の同窓会
「いぶき」の活動にご協力をお願いします。

日程:平成31年3月25日(月)17:00~19:00
場所:医学・生命科学総合研究棟(医学部構内G棟)2階セミナー室A
会費:教員:2,000円 在学生・修了生等:1,000円

歓送会企画委員(担当副専攻長)松本 智裕

 

同窓会長挨拶(第19号 広報「いぶき」)

                            生命科学研究科 同窓会長
                                   垣塚 彰

 修了生の皆様、学位取得、まことにおめでとうございます。入学以来の皆様の研鑽がここに実を結んだことを心よりお喜び申し上げます。生命科学研究科は、1999年 4 月の創立以来22年の時を刻み、この間、お陰様で順調に経過し、1,599名に修士と485名に博士の学位を授与できました。

 さて、日常的によく聞くこの「お陰様」という言葉の意味をご存じでしょうか?小林正観という方が言うには、「お陰様」とは守護霊(守護神)のことを意味しているそうです。皆様をふくめ万物には守護霊が付いており、人や物を守ってくれているらしいです。特に人の場合は、その人の願いを叶えるように一生懸命働いてくれているらしいです。何か普通ではなく良いことがおこると「ついてる」といいますが、これは、守護霊がついていることに由来し、守護霊があなたのために頑張ってくれた結果だということです。

 あなたの個人の力量が 1 とすると守護霊が頑張ってくれるとその何倍、何十倍、何百倍の結果がでるそうです。一方、守護霊がそっぽをむくと、あなたがどんなに頑張ってもあなた本来の力量に すらおよばない結果しかでないようです。では、守護霊が頑張ったり、そっぽを向くのはどういう 時でしょうか?守護霊は、美しい言葉を耳にすると元気になり、汚い言葉を耳にすると元気がなく なるそうです。また、守護霊は、あなたが発する言葉をあなたの願いと理解するようです。あなた が、うれしい、楽しい、幸せ、愛している、大好きといった美しくかつ歓びの言葉を発すると、守 護霊は元気になるばかりか、そのような状態をあなたが願っていると理解し、あなたが、さらにう れしい、楽しい、幸せ、愛している、大好きと言える状況を作ってくれるそうです。逆に、あなた が、不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言うと、守護霊は、元気がなくなるばかりか、あなた から離れ、時には、あなたがさらに不平不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言う状況を作ってしま うらしいです。これが、古来より言われている「言霊」の力です。ですから、日常的に美しい言葉、歓びの言葉を発し続けていれば、さらに良い状況が生まれ、自分の力量を遙かにこえた良い結果に 繋がります。

 では、汚い言葉、悪い言葉を発してきたことに気づいた時には、どうしたらよいのでしょうか? 心配いりません。汚い言葉、悪い言葉をリセットし、守護霊を呼び戻す魔法の言葉があります。その言葉は「ありがとう」です。「ありがとう」と言うことで、守護霊は再び元気になり、あなたのもとに帰って来てあなたを守ってくれます。この守護霊を味方につける「ありがとう」の言葉は、自分で言った回数に加え、回りのヒトから言われた回数が合計されて守護霊を元気づけ、あなたのために頑張ってくれるエネルギーになるそうです。逆にあなたがたとえ「ありがとう」と何回も言っても、あなたの言動が回りのヒトを苦しめたり、悲しませたりするとその分が減らされて、守護霊はあなたから去っていき、苦境に陥ります。これらは、古くより「因果応報」と呼ばれるもので、善行も悪行も必ずあなたの身に帰ってきます。

 本来、あなたの味方のはずの守護霊ですが、時に、あなたにとって辛く、苦しい状態をもたらす ことがあります。もし、あなた自身に悪行の覚えがないのなら、それは、守護霊があなたのステッ プアップのために用意してくれたものでしょう。私は、30歳から 3 年間米国に留学しましたが、留学当初、日本と米国との違いに戸惑い、途方にくれ、非常に苦しい時間を経験しました。その時「神 は乗り越えられる試練しか与えない」と何度も自分に言い聞かせましたが、この壁はとてつもなく 大きく全く乗り越えられそうにありませんでした。しかし、そのような苦しい状態もやがて終わり、振り返ってみると、この時の経験が私を大きく育ててくれたと思っています。今では「ありがとう ございました」に変わる言葉はみつかりません。生命科学研究科での経験を「ありがとう」と言え る方は(できれば「ありがとう」とは言えない方も)、これからは、ここで培った能力を自分のためだけに使うのではなく、今度は、あなたが「ありがとう」と言ってもらえる存在になるために使っ て欲しいと思います。そして、あなたの回りをやさしさと「ありがとう」でいっぱいにして下さい。 

 

京都大学大学院生命科学研究科広報いぶき14
生命科学研究科留学生スタディツアー「うどんの手打ち体験から学ぶ
日本の食文化」於淡路島(2015 年11 月12 日)

 

お知らせ

研究科同窓会からのお知らせ

生命科学研究科同窓会は、2003年3月23日に設立され、14年になります。
平成28年度は、修士課程70名、博士後期課程26名(論文博士を含む)に学位授与し、累積の修士学位取得者1285名、博士学位取得者392名(論文博士を含む)、博士後期課程研究指導認定退学者249名となりました。

2016年3月修了修士
2016年3月修了博士

 

 同窓会の活動等についてのお問い合わせは、幹事 (150ibukiアットマークmail2.adm.kyoto-u.ac.jp)までお願いします。

全学同窓会からのお知らせ

■ 京都大学同窓生向けサービス「KUON」のご紹介

  http://hp.alumni.kyoto-u.ac.jp/kuon/

 「KUON」に会員登録された方には、多くの特典がありますので、どうぞご利用下さい。 

■「京都大学ホームカミングデイ」については下記のURLを参照してください。

  http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/social/hc_day/

写真
 

PAGE TOP