超解像共焦点顕微鏡
LEICA SP8 FALCON

仕様&特徴 
ホワイトレーザー搭載。蛍光寿命測定および超解像モード対応。任意の波長で励起し、任意の波長の蛍光を検出可能。
蛍光寿命ゲーティングを使うことで自家蛍光を低減できます。暗いサンプルを観察する時に威力を発揮します。
Navigation機能により広視野観察ができるほか、multiwell plateにも対応しています。

Phasor Plotが利用できるようになりました(2021/07/29)
医学研究科長の裁量経費でPhasor Plot オプションを導入しました。
※Phasor Plotについてはライカ社HPをご覧ください
>>Phasor Analysis for FLIM (Fluorescence Lifetime Imaging Microscopy)

  • 470-670 nmスーパーコンティニウム光 (white laser)で任意の波長を出力
  • 405 近紫外励起レーザー光源
  • 440 nm パルスレーザー
  • 高感度検出器HyDを4チャンネル搭載 任意の波長の蛍光を測定可能
  • 超解像モードLightning
  • 蛍光寿命測定モードFalcon
  • 対物レンズ x10, x20, x40, x60
  • 電動XYZステージ
  • CO2インキュベーター

マニュアル集  Manuals

利用を希望される方へ

お問合せフォームよりご連絡ください。