MENU

蛋白質解析室の受託解析サービス

LC-MS/MSシステム(質量分析計:Q Exactive Plus, Thermo Fisher Scientific)で測定し、蛋白質同定ソフトMascot(Matrix Science)を用いたデータベース検索により解析を行います。

網羅的解析


タグ抗体(抗FLAG抗体など)や特異的な抗体等で着目する蛋白質をアフィニティー精製したときに共免疫沈降する蛋白質を同定したい。

特定バンドの同定


ある異なる条件で得られた検体をSDS-PAGEで展開すると特異的なバンドが見られたので同定したい。

ある蛋白質の翻訳後修飾を調べたい。

通常のSDS-PAGEに用いるLaemmliバッファー(サンプルバッファー)中に溶解した状態でサンプルをご準備ください。
SDS-PAGE、ゲルの染色・切り出し、トリプシンによるゲル内消化等のサンプル調製から測定・解析までお受けいたします。

解析の詳細および留意点

料金(生命科学研究科所属の方、生命科学研究科以外の学内の方学外の方

解析の流れ

解析結果報告例

解析結果としてお返しするものは、ゲル染色図、Peptideファイル、Proteinファイルです。

ゲル染色図

Peptideファイル サンプルA、Bの結果をシート毎に分け、ゲル番号1〜3の結果を上から並べて、行ごとにシグナルの詳細情報、ヒットしたペプチドの情報を記載しています。
詳細
Peptide_SameSet例.xlsx
Peptide例.xlsx
Proteinファイル Peptideファイルの一部を抽出し、蛋白質のリストにしたものです。
詳細

Protein_SameSet例.xlsx
Protein例.xlsx

 

same-set proteinsを含んだファイルは、same-set proteinsが大量に含まれるとデータ量が膨大になり、見やすさには劣るかもしれませんが、見落としの可能性が少なくなります。
same-set proteinsを含まないファイルは、データ量が濃縮され見やすくなりますが、見落としが発生する可能性があります。
両者を適宜使い分けてご利用ください。 参考

PAGE TOP

CLOSE
CLOSE