安達泰治 教授

生体組織の発生・再生における幹細胞分化、形態形成、リモデリングによる機能的適応などにみられる生命システム動態の理解を目指した力学的研究を進めています。特に、細胞・分子レベルにおける要素過程とそれらが形成するシステムとしての適応的ふるまいを理解するため、「力学環境への適応性」と「構造・機能の階層性」に着目し、実験と数理モデリングを組み合わせたバイオメカニクス・メカノバイオロジー研究を進めています。

ナノバイオロジー
モデリング
発生・分化
ナノ・バイオ工学
バイオメカニクス
メカノセンシング
メカノバイオロジー
形態形成
機能的適応
生物物理学
細胞力学
細胞運動
計算生体力学
骨リモデリング
骨代謝

荒木崇 教授

植物は、環境に応答して柔軟に発生や成長を変えることで、生活環を完結しています。有性生殖によって子孫を残すために重要な花芽形成の開始(花成)はそうした環境応答が関わる現象のひとつです。葉で受容された環境情報を花芽形成の場である茎頂に伝えるシグナル分子・フロリゲンを中心に花成の研究を進めています。また、有性生殖過程の全貌をとらえたいと考え、コケ植物の苔類ゼニゴケを用いた研究もおこなっています。

シグナル伝達
植物
環境応答
発生・分化
シロイヌナズナ
ゼニゴケ
有性生殖
生殖系列
細胞形態形成
胚発生
配偶子形成

井垣達吏 教授

多細胞生物を構成する細胞社会は、細胞同士の「協調」や「競合」により成り立っています。私たちは、ショウジョウバエ遺伝学とイメージング解析技術を駆使し、「細胞競合」と「細胞間協調」の分子機構を解析しています。それにより、発生過程や恒常性維持における細胞間コミュニケーションの分子基盤、さらにはその破綻によるがんの発生・進展機構の解明を目指しています。

がん
イメージング
シグナル伝達
モデリング
発生・分化
細胞増殖・分裂
細胞死
細胞間相互作用
ショウジョウバエ
形態形成
発生ロバストネス
細胞競合
細胞老化
組織成長制御
遺伝学

井倉毅 准教授

長年、蛋白質複合体解析を中心とした生化学が専門でしたが、ここ数年、バイオイメージング解析にも手を広げ、その結果、スナップショットである生化学的知見と in vivoでの思いの外、蛋白質のダイナミックな動きから得られる知見との間にギャップを感じつつ、一筋縄ではいかない生命の複雑さに一層興味が湧いています。現在では、ゲノムストレスに対するクロマチン制御蛋白質複合体のダイナミックな変化に着目し、ストレス応答蛋白質ネットワークの多様性が生み出される仕組みについて数理解析にも挑戦しながら格闘中です。できればこういった構成的なアプローチで自らの研究をゲノム疾患研究や創薬研究などに発展させて行きたいと考えております。

クロマチンダイナミクス
機能的蛋白質複合体

石合正道 准教授

生命の設計図であるゲノムDNAは内的、外的要因により絶えず損傷を受けています。DNA損傷と疾患に関する初期の研究から、多くのDNA修復因子が疾患の原因遺伝子として同定され、その分子機構の理解も進んできました。最近のDNA損傷応答研究は、DNA修復にとどまらず、細胞周期チェックポイントやクロマチン制御の分子メカニズムの解明に進展しています。さらに、DNA損傷応答ネットワークが細胞のがん化、老化や幹細胞の維持など多くの生体機能に関与するなど大きな広がりをみせています。私達は、脊椎動物細胞を材料に、ゲノム編集技術を用いてモデル細胞を構築し、DNA修復やDNA損傷応答の詳細な分子メカニズムを明らかにする研究を行っています。疾患とのリンクを明らかにする知見につながればと考えています。

がん
イメージング
ゲノム・染色体
シグナル伝達
環境応答
細胞増殖・分裂

石川冬木 教授

生き物の一生はゲノムの一生とよく似ています。若い生き物は活発に増殖しますが、老化するに従い増殖速度が低下します。これは、染色体末端部分にあるテロメアの長さが短くなるためです。生き物は周囲の様子が普段と違うとき、用心をしてすぐに逃げられるようにします。ゲノムもわずかな環境変化を感知して警戒状態をとります。私たちは、ゲノムが生き延びるための知恵をテロメアとストレス反応に注目して研究しています。              

がん
エピジェネティクス
ゲノム・染色体
環境応答
細胞増殖・分裂
老化
遺伝子発現調節
DNA修復
DNA損傷応答
クロマチン
ストレス反応
テロメア
染色体融合

井上康博 准教授

遺伝、発生、分化などの様々な時空間スケールにおける生きものらしさは、いったいどのように生まれるのでしょうか。生きものらしさが現れる原理は、生物を構成する個々の物質要素の詳細よりも、それらの作り出すダイナミクスやその状態に内在されていると考えています。そのような生命的なダイナミクスを表す新しい数理モデルの研究を進めています。

モデリング
発生・分化
メカノバイオロジー
分子動力学
力学ー生化学連成
多細胞動力学
生物物理学
計算力学

今村博臣 准教授

細胞が生き、活動し、増殖するためには、物質を変換する代謝のシステムが欠かせません。私たちは、ATPをはじめとした細胞内の代謝物・代謝関連物質をイメージングする新しい方法を開発・応用することで、代謝反応や代謝物が細胞内で空間的・時間的に制御される仕組み、さらに代謝の制御と生命現象・疾病との関係を理解していきたいと考えています。 

イメージング
代謝・物質生産
生体材料

今吉格 (特定)准教授

複雑かつ精緻な哺乳類の脳神経系は、遺伝的プログラムに従い再現性良く発生・発達します。一方で、生後発達過程や成体においても、哺乳類の脳は柔軟な可塑的性質を持っています。そして、これらの二つの性質が相まって、動物の行動や高次脳機能を制御する脳神経系が出来上がり、維持されます。このような脳神経系の発生・発達・可塑性について研究を行っています。特に、神経幹細胞の制御機構とニューロン新生という現象に着目しており、分子遺伝学・光遺伝学やライブイメージングという技術を駆使して、研究を進めています。

イメージング
神経
ライブイメージング
光遺伝学
分子遺伝学
発光イメージング
神経再生
神経可塑性
神経幹細胞
神経発生
神経発達
蛍光イメージング

上村匡 教授

動物が摂取する栄養は、主要な環境要因の一つです。我々のゲノムには、日々変動する栄養バランスに対して柔軟に適応して、個体の成長を調節するプログラムが書き込まれており、その実体を解明しようとしています。また、環境からの異なる感覚入力を区別して神経活動へと符号化し、選択的な行動パターンを生成する神経回路の動作原理も研究しています。さらには、2次元そして3次元の器官構築の仕組みも追究しています。各種オミックスや生体内イメージングなどのアプローチを総合して研究しています。

イメージング
ゲノム・染色体
微生物
栄養
発生・分化
神経
細胞間相互作用
遺伝子発現調節
食品・健康
イメージング
カドヘリンスーパーファミリー
ショウジョウバエ近縁種
マルチオミックス
代謝
共生微生
動物行動
定量解析
平面内細胞極性
感覚神経
栄養
発生
神経回路
神経突起
遺伝学
酵母

遠藤剛 准教授

光合成の基礎研究を通じて、新たな作物やストレス耐性植物の育種戦略を考えています。植物の葉は、時々刻々変動する光環境の中で、光合成活性を最大化しつつ、強すぎる光エネルギーで光合成装置が損傷しないような様々な光環境応答の機構を進化の過程で獲得してきました。私たちは、これらの機構の詳細を明らかにするため、最新の分子生物学的手法と屋外光環境での光合成測定を両輪として研究を進めています。

代謝・物質生産
植物
環境応答
光・酸化ストレス
光合成制御

遠藤求 准教授

植物が環境応答を行う際に重要である受容体や概日時計の機能は必ずしも全ての細胞で同じではありませんが、これまでこうした細胞・組織ごとの役割についてはあまり明らかにされてきませんでした。植物で細胞・組織レベルでの解析を実現するための様々な手法の開発を通じて、これまで個体レベルでの解析では平均化によって隠されてきた新たな機能を明らかにすべく、研究を進めています。

植物
環境応答
遺伝子発現調節
概日時計
生活環調節
花成
茎頂メリステム
長距離シグナル

大澤志津江 准教授

多細胞生物はその発生過程において、種々の外的・内的撹乱を受けながらも正確な組織を作ります。私たちは、このような頑健(ロバスト)なシステムを支えるメカニズムを明らかにするため、ショウジョウバエ遺伝学・ライブイメージング技術を駆使し、(1)細胞間コミュニケーションを介した組織恒常性の維持機構(細胞集団のQuality Control 機構)、および(2)組織の構築原理(細胞集団の形態形成原理)の解析を行っています。

発生・分化
細胞増殖・分裂
細胞死
細胞間相互作用
形態形成
発生ロバストネス
組織成長制御

大塚俊之 准教授

ヒトの脳は進化の過程で著明に肥大化し(大脳化)、学習・記憶といった複雑な高次脳機能を担うハードウェアに進化を遂げましたが、その原因の一つとして脳の母細胞(神経幹細胞)の増加が考えられます。また神経幹細胞は脳の発生・再生においても重要な役割を担っています。こうした脳の進化・発生・再生過程における神経幹細胞の維持・分化制御メカニズムの解明と、分化制御法の開発による神経再生医療への応用を目指して研究を進めています。

発生・分化
神経
細胞増殖・分裂
細胞間相互作用
遺伝子発現調節
神経幹細胞
脳形態形成

垣塚彰 教授

本研究室では、科学的に意義が高い研究を行うと同時に、研究成果を通じて神経変性疾患、癌、肥満・糖尿病の治療法開発に貢献することを目指している。 院生の教育においては、個人の科学研究における実技力を向上させることと同時に、独創性を養うこと、そして自らの考えを論理的かつ効果的 に伝えるトレーニングを重視した指導を行い、21世紀の生命科学研究を支えるオピニオンリーダーの育成を目標としている。

がん
代謝・物質生産
神経
細胞死
食品・健康

影山龍一郎 教授

1個の受精卵から複雑な個体が形成される発生過程は本当に不思議で驚きです。個々の細胞はどうやって個体内での自分の位置・役割を知るのでしょうか?どうやって決まった時間に決まったことを調和よく進行させるのでしょうか?発生は未知のことでいっぱいです。私達の研究室は、この複雑で不思議な発生の問題に挑戦しています。研究成果は将来の再生医療にも大きく役立つでしょう。この未解決の問題に一緒に挑戦してくれる学生を広く募集しています。

イメージング
シグナル伝達
モデリング
発生・分化
神経
細胞間相互作用
遺伝子発現調節

片山高嶺 教授

最近、腸内細菌と宿主の共生が注目を集めていますが、その研究の多くは宿主側から共生を捉えたものです。一方、私たちは微生物側から共生にアプローチしており、特に宿主と腸内細菌間における界を超えた物質のやりとり(シンビオジェニック因子)に注目して、微生物代謝の観点から研究を行っています。更に、良い共生を担うシンビオジェニック因子を微生物合成することでヒトの健康に資するための応用研究も展開しています。

代謝・物質生産
微生物
環境応答
食品・健康
mRNAプロセシング
mRNA核外輸送
共生
腸内細菌

加藤博己 准教授

ウイルス感染から身を守るため、哺乳動物にはインターフェロン応答と呼ばれる免疫システムが備わっています。この抗ウイルス応答をONにするためには、ウイルスセンサーが自己の核酸の中からウイルス核酸を特異的に認識することが重要です。私たちはウイルスセンサーがウイルスの侵入を感知する機構に興味を持ち、さらにその異常が引き起こしうる全身性エリテマトーデス(SLE)などの自己免疫疾患にも注目し研究しています。

RNA
ウイルス
シグナル伝達
免疫
感染症

加藤裕教 准教授

細胞は、細胞外からの様々な刺激や環境に応答してその形や位置を変化させています。その細胞の形や位置を決める仕組みは細胞内のシグナル伝達によって厳密にコントロールされていますが、何らかの原因によりそのシグナル伝達によるコントロールが破綻すると、がんなどの疾患の発症へとつながることが考えられます。私たちは、細胞の形や位置を決めるシグナル伝達とその破綻による細胞のがん化に関わる分子メカニズムの解明を進めています。

がん
シグナル伝達
環境応答
細胞間相互作用
Gタンパク質
エフリン
受容体
細胞運動

神戸大朋 准教授

亜鉛は、体内に2グラム程しか存在しないにもかかわらず、極めて多様な生理機能を発揮する。亜鉛不足が味覚障害や免疫不全を引き起こすことはよく知られているが、最近の研究から、亜鉛恒常性の破綻が糖尿病やガンを増悪させることも明らかにされている。亜鉛の生理機能の理解を深め、健康生活を実現させるため、体内亜鉛代謝を司る亜鉛トランスポーターの機能解析や、亜鉛の吸収を高める食品の開発に向けた研究を行っている。

代謝・物質生産
栄養
環境応答
食品・健康
スクリーニング
トランスポーター
マンガン
亜鉛
分泌経路
吸収代謝
欠乏症
母乳
消化管

CARLTON, Peter 准教授

DNAには、私たちの体を形作り維持するための情報が含まれますが、DNAの機能を維持するためには、減数分裂を通してDNAを次世代に正しく伝達し、そしてDNAを頻繁に起こる損傷から守ることが重要です。我々は、最先端の顕微鏡技術を用いて、モデル生物線虫において、減数分裂時に染色体が正しく分配されるメカニズムを追求しています。また、哺乳類細胞を用いて、DNA修復時に、DNA上に起こる修飾の役割を明らかにしようとしています。

イメージング
エピジェネティクス
ゲノム・染色体
科学英語

北島智也 准教授

発生の出発点、卵母細胞の染色体分配を研究しています。人は完璧ではなく間違いも起こすように、細胞もときたま間違いを起こします。染色体分配の誤りもその一つです。どうして間違いを起こすのか?それは間違う瞬間を直接見て、その間違いを直してみないと分かりません。もしすべての間違いを直したら、「完璧な人間」が生まれるでしょうか?

イメージング
ゲノム・染色体
細胞増殖・分裂
卵子
受精卵
染色体分配
減数分裂
老化

見学美根子 教授

脳では100億とも概算されるニューロンが層状に並び、皮質という構造を形成しています。脳発生過程でニューロンは皮質の特定の層に移動し、特定のパターンで突起を伸ばして神経回路を構築します。ニューロンがどのように目的地まで移動し、正しいパターンで突起を伸展させるのかについては、未解明の疑問が多く残されています。私たちは、分子生物学やイメージング技術を駆使して、皮質形成過程のニューロンのダイナミックな動きを追っています。

イメージング
発生・分化
神経
シナプス形成
モーター分子
生細胞イメージング

河内孝之 教授

陸上で繁栄する被子植物は、進化的には水中で誕生した緑藻が多細胞化した後に陸上進出したコケ植物を祖先として環境適応したものです。生物の機能情報は進化の過程とともにゲノムに刻まれています。我々は古くて新しいモデルであるゼニゴケを主たる材料に、植物の光環境応答と発生の分子機構に関する研究を進めています。突然変異体の分子遺伝学と最先端の分子手法を駆使して植物のタフな生存戦略を解き明かしたいと考えています。

植物
環境応答
発生・分化
細胞増殖・分裂
遺伝子発現調節
ゲノミクス
光信号伝達
分子遺伝学
植物
植物ホルモン
環境応答
苔類ゼニゴケ

酒巻和弘 准教授

細胞死(アポトーシス)におけるシグナル伝達経路を可視化し数理モデルを構築することにより、シグナル伝達分子の伝播を分子レベルで正確に捉えることを目指しています。また、マウス・アフリカツメガエル・メダカ等を実験動物として扱い、発生過程で見られる細胞死の生理的役割を理解することにも取り組んでいます。

イメージング
シグナル伝達
モデリング
発生・分化
細胞死
シミュレーション
光コントロール
分子進化
数理モデル

佐藤文彦 教授

植物の全能性機能発現機構を細胞ならびに分子レベルで解明し、その応用の基盤を築くことを目的に研究しています。このために特性をもつ培養細胞・形質転換植物体を活用し、植物の機能発現・物質生産を解析しています。主に、1)2次代謝機能の分子細胞生物学、代謝工学、生物間相互作用 2)光合成機能分化の解明と制御、 3)ストレス耐性機能の解明と開発、 4)新規な遺伝子発現制御系の開発と応用、などを研究しています。

代謝・物質生産
合成生物学
植物
環境応答
発生・分化
遺伝子発現調節

清水章 (併任)教授

獲得免疫は多様な異物(抗原)を特異的に認識(区別)して反応することによって成り立っている生体防御機構です。この機能の基になっている分子的基盤を明らかにする研究、具体的には、抗原認識分子(抗体、T細胞受容体)遺伝子の再構成(組換え)、リンパ球の分化・活性化、免疫記憶や免疫寛容の獲得、などを制御する分子メカニズムを解明しようとする研究を行っています。

免疫
遺伝子発現調節

白石英秋 准教授

微細藻は、普段ほとんど人目に触れない生物群です。しかし、歴史的には、地球上に酸素を生み出すなど、現在の地球環境の成立に大きく貢献してきました。そして現在、光合成による物質生産の基盤となる生物群として注目されています。微細藻の中でも、食用藍藻アルスロスピラ(スピルリナ)は、大量培養や回収に適した優れた特徴を兼ね備えています。この生物を中心に、微細藻を人類に役立てるべく基礎的な研究を進めています。

代謝・物質生産
微生物
植物
環境応答
遺伝子発現調節
食品・健康
シアノバクテリア
微細藻

杉田昌彦 教授

免疫系が特異的に認識する分子(抗原)は、タンパク質だと考えられてきました。しかし最近の研究から、脂質を標的とした免疫応答の存在が明らかになりつつあります。私たちは、ヒトの細胞やアカゲザルモデルを活用し、「脂質免疫」という新しい視点から、感染症(結核・エイズ)やがん、自己免疫病やアレルギーの研究を進めています。「脂質ワクチン」という新しいタイプのワクチン開発も視野に入れています。

がん
ウイルス
免疫
感染症
アレルギー
エイズ
トランスジェニックマウス
モノクローナル抗体
ワクチン開発
感染免疫
生体防御
癌(がん)免疫
結晶構造
結核
脂質免疫
自己免疫

髙里実 准教授

ヒト多能性幹細胞を用いた再生医療研究の目標とはなんでしょうか。私は、試験管内で任意の臓器を完全な形で創り上げることが、その究極的な目標の一つであると考えています。しかし、完全な臓器を作れるかどうかは個体発生の仕組みを如何に正確に理解できているかに懸かっています。私たちはヒト多能性幹細胞から腎臓オルガノイドを作りましたが、本物のヒト腎臓に近づけるためには、これまで以上に基礎研究の積み重ねが必要になっています。今後も、基礎学問無くして人類の発展は無いというフィロソフィーに基づき研究活動を進めていきます。

髙田穣 教授

生命の維持に、ゲノムの安定性は必須です。その破綻による疾患は、まれで主に遺伝性ですが、幹細胞不全や、白血病、発がん、奇形、小頭症、早老症など、様々な病態を示し、ゲノム安定性の重要性を明確に示しています。我々は、こういった疾患の代表として「ファンコニ貧血」や「家族性乳がん卵巣がん」などに着目し、DNA損傷応答メカニズムや、DNA損傷をもたらす細胞内代謝などを研究しています。これらの基礎研究に、さらに国内外の臨床現場とのタイアップによって、患者サンプル解析で得られた知見をフィードバックすることも当研究室の特徴です。

がん
ゲノム・染色体
シグナル伝達
環境応答
細胞増殖・分裂

高原和彦 准教授

皆さんが“免疫”と言う言葉を意識するのは、ワクチン接種やインフルエンザに罹った時の事でしょうか。私達は、この免疫に関わる細胞が病原体を見つける為に持つセンサー(レクチン、トル様レセプター)の役割を研究しています。また、病原体が免疫を抑える力を、免疫を制御するツールとして応用する事を目指しています。これらの研究が、感染症や免疫が係わる病気の新たな治療方の開発に繋がると考え、日々研究を進めています。

ナノバイオロジー
免疫
感染症
サイトカイン
マウス
マクロファージ
レクチン
免疫制御
免疫応答
樹状細胞
炎症応答
病態モデル
糖鎖
自己と非自己の識別

千坂修 教授

マウスとニワトリ胚を用いて、発生時の器官形成機構(特に咽頭・後脳部由来器官)の研究をしています。最近は、正常発生以外にも種々のストレスによる異常発生とエピジェネシスにも興味を持って研究しています。

発生・分化
教材開発

寺井健太 准教授

生命現象を、生体内で観察・操作する事を目指しています。個々の細胞における機能は、自己の増殖・分化に留まらず、周囲の細胞に対しても影響を与えます。このような複雑系を維持したまま解析する事により、生体内での機能である恒常性や、発生、病態を理解しようと試みています。

がん
イメージング
細胞間相互作用

朝長啓造 教授

ウイルスの本質を探り、ウイルスと生物のつながりを理解することで、”ウイルスとは何か?”という命題に答えを出すべく研究を行っています。研究対象は動物に感染するRNAウイルス、なかでもボルナウイルスとインフルエンザウイルスです。これらウイルスの複製や病原性の謎に加え、生物ゲノムに内在化したボルナウイルス配列の解析からウイルスと生物と共進化を探っています。また、遺伝子治療への応用を目指したウイルスベクター開発も行っています。 

RNA
ウイルス
ゲノム・染色体
感染症
RNAウイルス
ウイルスベクター
ウイルス病原性
ウイルス複製
共進化
内在性ウイルス

豊島文子 教授

生体内では、細胞が決められた方向に分裂・増殖する仕組みがあり、細胞分化や組織構築に重要な役割を果たしています。当研究室では、細胞分裂の軸を決めるメカニズムと、幹細胞の分裂・分化の連携機構の解明を目指しています。また、細胞分裂を制御する様々なタンパク質が同定されていますが、最近、代謝産物も重要であることが分かってきました。タンパク質と代謝産物のクロストークとがん化との関連の解明を目指しています。

がん
シグナル伝達
代謝・物質生産
発生・分化
細胞増殖・分裂
遺伝子発現調節
対称・非対称分裂
幹細胞
母体幹細胞制御
皮膚

中世古幸信 准教授

真核生物の細胞増殖は非常に多くの遺伝子によって制御されています。それらの遺伝子の多くは単独ではなく、他の遺伝子と物理的、あるいは機能的に相互作用する事により様々な生命現象を司っています。このような遺伝子群が形成するネットワークを見つけ出し、それらの作用機序を解析する事で細胞増殖の制御機構の全体像を明らかにする事を目指しております。                                          

ゲノム・染色体
細胞増殖・分裂
分裂酵母
有糸分裂
細胞周期
細胞骨格
遺伝解析

永尾雅哉 教授

私たちは、様々な食品を摂取しています。食品に含まれる、例えばお茶のカテキンなどのように、生存には必須ではないですが、与えられた環境の中で生き抜くために植物が作る二次代謝産物とよばれるものに着目し、その中で、私たちヒトにとって有用な化合物を見つけて、その作用メカニズムを明らかにすべく、研究を進めています。

食品・健康

西田栄介 教授

細胞、組織および個体の運命決定のシグナル伝達機構を、様々な生物を用いて研究しています。線虫を用いて寿命(老化)制御の分子機構を、アフリカツメガエルを用いて発生のメカニズムを、マウスならびに哺乳類細胞・組織を用いて組織・器官の構築とホメオスタシス制御のメカニズムおよび細胞増殖・分化の制御メカニズムを研究しています。

がん
エピジェネティクス
シグナル伝達
発生・分化
細胞増殖・分裂
細胞間相互作用
老化
遺伝子発現調節

西浜竜一 准教授

遺伝子特性学

根岸学 教授

多細胞生物の細胞はそれぞれ特有の形態をしており、その細胞の形態は細胞内の細胞骨格系により維持されており、この細胞骨格の制御にGTP結合タンパク質は分子スイッチとして極めて重要な役割を果たしています。
私たちは、特に、神経細胞の形態や癌細胞の運動などのシグナル伝達経路でキー分子として働いている低分子量G蛋白質、RasファミリーやRhoファミリーG蛋白質を含む分子スイッチ調節体の機能を解析しています。

シグナル伝達
神経
G蛋白質
細胞骨格

野田岳志 教授

インフルエンザウイルスやエボラウイルスは、わずか10種類程度の遺伝子しか持ちません。このようなウイルスが、なぜ細胞内・個体内で効率よく増殖し、時として私たちに致死的な感染を引き起こすのでしょうか?私たちはウイルスの増殖機構の分子基盤を理解し、ウイルス感染症の制御に貢献したいと考えています。

ウイルス
インフルエンザウイルス
エボラウイルス
リバース・ジェネティクス
原子間力顕微鏡
抗体医薬
細胞内増殖機構
電子顕微鏡

原田浩 教授

生体内の環境は極めて多様で、各細胞は自身の置かれた微小環境に適応しながら形態と機能を維持しています。近年、悪性固形腫瘍(がん)の内部に低酸素・低栄養・低pHをはじめとする特徴的な微小環境が存在し、がんの悪性形質や治療抵抗性を誘導する引き金になっていることが分かってきました。当研究室では、細胞の環境応答とがんの悪性化を担う遺伝子ネットワークを解明し、新たな治療法の確立に繋げることを目指して研究を進めています。

がん
イメージング
シグナル伝達
代謝・物質生産
環境応答
細胞増殖・分裂
遺伝子発現調節

土方誠 准教授

それぞれ世界人口の数パーセントにも及ぶ感染者が存在し、肝癌などの慢性肝疾患の原因となっているC型肝炎ウイルスとB型肝炎ウイルスを研究しています。独自に樹立したヒト肝臓由来の細胞を、立体培養を含む様々な方法で培養し、これらウイルスの感染増殖系を構築し、それらの生活環を分子レベルで解明することを目指しています。さらに、その情報を基にこれらウイルスを排除するための抗ウイルス剤開発のための基礎研究を行っています。

RNA
がん
ウイルス
微生物
感染症
発生・分化

福澤秀哉 教授

全ての生命活動を支える光合成では、太陽の光エネルギーにより二酸化炭素が固定されます。周囲の環境が変化しても、それに応じて光合成を維持する生命の生存戦略は驚異です。私たちは、葉緑体を持つ鞭毛虫の一種である緑藻クラミドモナスをモデルに、この生存戦略を支える機能(光やCO2のセンシング・CO2濃縮・有性生殖の誘導・脂質代謝の制御など)について、分子遺伝学・ゲノム生物学を駆使して理解しようとしています。

ゲノム・染色体
シグナル伝達
代謝・物質生産
微生物
植物
環境応答
細胞増殖・分裂
細胞死
遺伝子発現調節
食品・健康

藤田尚志 教授

細胞はその中で侵入者(ウイルスゲノム)が増殖することを察知してその排除するためインターフェロン産生などの応答をします。ウイルスと細胞の勝敗はどちらが先に/強く応答するかによって決まります。近年この応答は抗ウイルス自然免疫として多くの研究がされてきました。私はこのウイルスと宿主の関連を長年研究しています。時代と共に研究の手法などは随分変遷しましたが、研究は終わることはありません。

RNA
ウイルス
シグナル伝達
免疫
感染症
B型肝炎ウイルス
RNAヘリカーゼ
SFTSV
インターフェロン
インフルエンザ
サイトカイン
二重鎖RNA
自然免疫

HEJNA, James Alan 教授

 

科学英語

増田誠司 准教授

mRNAは、遺伝情報の一過性伝達因子です。真核細胞において、mRNAは前駆体として生合成され、様々なプロセシングを経て成熟mRNAとなり、細胞質へと輸送されてタンパク質合成の鋳型として働きます。mRNAのプロセシング間の共役、細胞質への輸送、分解にかかわるタンパク質複合体の機能解析やmRNA生合成過程を利用した効率的なタンパク質生産法の開発、さらにはmRNAプロセシングを制御する化合物の探索などを行うことで、基礎から応用までを統合した研究を行っています。

RNA
がん
イメージング
ナノバイオロジー
代謝・物質生産
細胞増殖・分裂
遺伝子発現調節
食品・健康

松崎文雄 教授

 

松田道行 教授

「細胞の癌化をシステムとして理解する」ために研究してきました。FRETバイオセン
サーを使ってがん遺伝子の活性を生細胞で可視化することに成功し、最近はマウスを
二光子顕微鏡で観察することにより、「生きた動物で細胞内情報伝達系を可視化す
る」という新しい分野にチャレンジしています。がん遺伝子ネットワークの仮想空間
での再現と、新規抗がん剤の開発も研究室の大きなテーマです。

がん
イメージング
シグナル伝達
モデリング
合成生物学
細胞増殖・分裂
細胞間相互作用
システム生物学
創薬
生体イメージング
細胞間シグナル伝達
蛍光バイオセンサー

松本智裕 教授

染色体の均等分配は、自己複製に必須な生命現象です。染色体の「ヘソ」ともいえるセントロメアは、各染色体に一カ所のみ、限定された領域に存在し、均等分配のために重要な機能を担います。セントロメアの形成機構と、そこで機能するスピンドルチェックポイントによる細胞周期制御機構の解明が我々の研究テーマです。「自分の研究が世界で一番面白い」と思える熱意ある人材を求めています。

ゲノム・染色体
シグナル伝達
細胞増殖・分裂
ゲノム不安定性
ストレス応答
セントロメア/動原体
有糸分裂
染色体
細胞周期チェックポイント

三好知一郎 准教授

我々の設計図であるゲノムDNAの大半は、「がらくたDNA」などと呼ばれる転移因子で占められています。しかしこれは、DNA上を勝手に移動(転移)し、個体間のゲノムバリエーションを生み出すことで進化の原動力となるとともに、時に重篤な疾患につながる変異源として働きますが、その転移メカニズムはよく分かっていません。そこでこれを正確に理解し、ゲノムの品質管理向上につながる手法を開発したいと考えています。

がん
エピジェネティクス
ゲノム・染色体
環境応答
細胞増殖・分裂
老化
遺伝子発現調節
DNA修復
ゲノム再編成
レトロトランスポゾン
宿主防御機構

吉村成弘 准教授

細胞内部の環境におけるタンパク質の構造・活性・動態に関する研究を進めています。
細 胞内部は、生体高分子が高濃度で存在する特殊な環境です。このような環境下で、染色体、核膜孔複合体内部、核小体などの高分子複合体 が、いかにしてダイナミックな崩壊と構築を繰り返すのか。そのメカニズムを、生化学、生物物理学、シミュレーション等の手法を用い て、分子や原子のレベルで理解する研究を進めています。

イメージング
ゲノム・染色体
シグナル伝達
ナノバイオロジー
モデリング
生体材料
遺伝子発現調節
原子間力顕微鏡
水和
細胞内分
細胞内環境

米原伸 教授

我々は一個の受精卵から発生します。一個の細胞から生体ができるには、細胞が増職・分化するだけでなく、細胞が積極的に死ぬことが必要です。また、がん細胞に積極的に死を誘導すること、自己反応性の免疫細胞に死を誘導することで恒常性が維持されています。私たちは、米原が発見したアポトーシス誘導レセプター分子Fasの研究を出発点とし、アポトーシスやそれ以外の新しい細胞死に関する研究、細胞死関連分子の多様な生物活性に関する研究を行っています。

がん
シグナル伝達
免疫
発生・分化
細胞増殖・分裂
細胞死

渡邊直樹 教授

百聞は一見に如かず。細胞骨格は、細胞にあらかじめプログラムされた静的な枠組みを提供するだけでなく、生理活性物質や物理刺激に反応してダイナミックな変化を示します。このように常に動く生命システムを、分子の働きから細胞・個体の病態生理までつなげて理解することを目標に、細胞蛍光単分子イメージング・顕微鏡新技術開発・薬の作用のリアルタイム可視化に取り組んでいます。

がん
イメージング
シグナル伝達
ナノバイオロジー
モデリング

ページの先頭へ