大塚俊之

研究分野:
発生動態学
紹介文:
ヒトの脳は進化の過程で著明に肥大化し(大脳化)、学習・記憶といった複雑な高次脳機能を担うハードウェアに進化を遂げましたが、その原因の一つとして脳の母細胞(神経幹細胞)の増加が考えられます。また神経幹細胞は脳の発生・再生においても重要な役割を担っています。こうした脳の進化・発生・再生過程における神経幹細胞の維持・分化制御メカニズムの解明と、分化制御法の開発による神経再生医療への応用を目指して研究を進めています。
E-Mail:
tohtsuka@infront.kyoto-u.ac.jp