杉田昌彦

研究分野:
高次細胞制御学
紹介文:
免疫系が特異的に認識する分子(抗原)は、タンパク質だと考えられてきました。しかし最近の研究から、脂質を標的とした免疫応答の存在が明らかになりつつあります。私たちは、ヒトの細胞やアカゲザルモデルを活用し、「脂質免疫」という新しい視点から、感染症(結核・エイズ)やがん、自己免疫病やアレルギーの研究を進めています。「脂質ワクチン」という新しいタイプのワクチン開発も視野に入れています。
E-Mail:
msugita@infront.kyoto-u.ac.jp