荒木崇

研究分野:
分子代謝制御学
紹介文:
植物は、環境に応答して柔軟に発生や成長を変えることで、生活環を完結しています。有性生殖によって子孫を残すために重要な花芽形成の開始(花成)はそうした環境応答が関わる現象のひとつです。葉で受容された環境情報を花芽形成の場である茎頂に伝えるシグナル分子・フロリゲンを中心に花成の研究を進めています。また、有性生殖過程の全貌をとらえたいと考え、コケ植物の苔類ゼニゴケを用いた研究もおこなっています。
E-Mail:
taraqui@lif.kyoto-u.ac.jp