野田岳志

紹介文:
インフルエンザウイルスやエボラウイルスは、わずか10種類程度の遺伝子しか持ちません。このようなウイルスが、なぜ細胞内・個体内で効率よく増殖し、時として私たちに致死的な感染を引き起こすのでしょうか?私たちはウイルスの増殖機構の分子基盤を理解し、ウイルス感染症の制御に貢献したいと考えています。
E-Mail:
t-noda@infront.kyoto-u.ac.jp