髙里実

研究分野:
分子病態学
紹介文:
ヒト多能性幹細胞を用いた再生医療研究の目標とはなんでしょうか。私は、試験管内で任意の臓器を完全な形で創り上げることが、その究極的な目標の一つであると考えています。しかし、完全な臓器を作れるかどうかは個体発生の仕組みを如何に正確に理解できているかに懸かっています。私たちはヒト多能性幹細胞から腎臓オルガノイドを作りましたが、本物のヒト腎臓に近づけるためには、これまで以上に基礎研究の積み重ねが必要になっています。今後も、基礎学問無くして人類の発展は無いというフィロソフィーに基づき研究活動を進めていきます。
E-Mail:
minoru.takasato@riken.jp