三好知一郎

研究分野:
細胞周期学
紹介文:
我々の設計図であるゲノムDNAの大半は、「がらくたDNA」などと呼ばれる転移因子で占められています。しかしこれは、DNA上を勝手に移動(転移)し、個体間のゲノムバリエーションを生み出すことで進化の原動力となるとともに、時に重篤な疾患につながる変異源として働きますが、その転移メカニズムはよく分かっていません。そこでこれを正確に理解し、ゲノムの品質管理向上につながる手法を開発したいと考えています。
E-Mail:
miyoshi.tomoichiro.5e@kyoto-u.ac.jp