山野隆志

研究分野:
微生物細胞機構学
紹介文:
光合成における炭素固定は、地球生態系の物質循環の出発点であり、無機物から有機物を生み出す転換点でもあります。故に、時々刻々と変動する環境において、その光合成の営みを柔軟かつ堅牢に維持するメカニズムを理解することは極めて重要です。我々は、光合成生物と相分離オルガネラをモデルとして、分子細胞遺伝学・高解像度リアルタイムイメージング・ゲノム情報解析などの手法を駆使し、光合成を維持する生命の生存戦略を分子の言葉で理解することを目指しています。得られた研究成果を活用し、SDGsへの貢献に寄与する応用研究への展開も視野に入れ、人類が直面する環境破壊や食糧不足などの諸問題を解決する礎となる研究を進めます。
E-Mail:
tyamano@lif.kyoto-u.ac.jp