脳機能発達再生制御学

研究概要

研究内容

哺乳類、特にマウスの脳の発生・発達・再生機構の解明を目指して研究を行う。脳の発生・発達過程においては、神経幹細胞の増殖・細胞分化・休眠制御機構に着目する。また、生後脳・成体脳ニューロン新生に着目した、脳神経回路の可塑性と再生機構の研究を行う。遺伝子改変マウス技術や、光を用いた細胞・生体機能の人工的操作技術を用いて研究を展開する。脳機能の発生・発達・再生機構の解析と、それらの変化が及ぼす神経回路や高次脳機能、動物行動に与える影響の解明を目指す。

主な研究項目

  • 脳の発生・発達機構の解明
  • 神経幹細胞の増殖・細胞分化・休眠制御機構の解明
  • 生後脳・成体脳ニューロン新生に着目した、脳神経回路の可塑性と再生機構の解析
  • 光を用いた細胞・生体機能の人工的操作技術の開発と応用


メンバー

教授今吉格iimayosh@virus.kyoto-u.ac.jp
助教鈴木裕輔suzuki.yusuke.7n@kyoto-u.ac.jp
特定助教山田真弓yamada.mayumi.4a@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ