高次生命科学専攻

科学英語教育学

研究概要

研究内容

科学英語教育学分野では基本的にアクティブラーニングで、科学教育とコミュニケーションの国際化への新しいアプローチの開発と実施に取り組んでいます。 特に私たちは日本と欧米との文化的な教育方法の違いの課題を克服することを目指しています。次世代の研究者になる大学院生が不自由なく国際的な研究活動ができ一般の方にも研究成果についてのコミュニケーションもできるように養成しようとしています。

主な研究項目

  • 日本人学生と外国の学生との国際交流を進めています。海外の大学と新しいパートナーシップを築き、英語での共同遠隔講義を促進しています。
  • 海外の大学と提携し、共同研究の目的で大学院生の短期留学、短期交流を奨励しています。
  • 大学院生の英語での研究成果発表の機会を作り、より広く国際的な交流を進めています。

メンバー

GUY, Adam Tsuda准教授

guy.adam.3m@kyoto-u.ac.jp 教員情報

HEJNA, James Alan特命教授

jameshejna@lif.kyoto-u.ac.jp
  • @マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

研究紹介動画

アクセス

吉田キャンパス 医学部構内 医学・生命科学総合研究棟

キャンパスマップはこちら