統合生命科学専攻

シグナル伝達学

研究概要

研究内容

細胞運命決定を制御するシグナル伝達経路の制御機構および細胞増殖、細胞分化、発生等における機能について研究しています。具体的な研究対象は、非典型的MAPキナーゼと細胞分化、栄養関連シグナル伝達経路と初期発生、DYRKファミリーキナーゼのシグナル伝達、分子シャペロンによるプロテインキナーゼ制御、等です。研究手段は、哺乳類培養細胞株やアフリカツメガエル初期胚を用いた生化学的・細胞生物学的・発生生物学的手法が主となります。

主な研究項目

  • プロテインキナーゼによるシグナル伝達制御と細胞運命決定
  • 細胞応答を制御するシグナル伝達の分子機構
  • 発生を制御するシグナル伝達の分子機構

メンバー

日下部 杜央講師

morioh@lif.kyoto-u.ac.jp 教員情報

宮田 愛彦助教

ymiyata@lif.kyoto-u.ac.jp 教員情報
  • @マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

アクセス

吉田キャンパス 本部構内 総合研究16号館

キャンパスマップはこちら