高次生命科学専攻

がん細胞生物学

研究概要

研究内容

近年、悪性固形腫瘍(がん)の内部に低酸素・低栄養・低pHをはじめとする特徴的な微小環境が存在し、がん細胞の悪性形質と治療抵抗性を誘導することが分かっています(Fig. 1)。当研究室では、細胞の環境応答を担う遺伝子ネットワークを解明することを通じて、がん細胞の持つ生物学的特性を理解し(Fig. 2)、新たな治療法の確立に向けた基盤を構築することを目指して研究を展開しています。

 

Fig. 1. 血管(青)遠位の低酸素がん細胞(緑)は、放射線によるDNA損傷(赤)を受けにくい。

Fig. 2.細胞の低酸素応答を担う遺伝子ネットワークを解明することを通じ、がんの生物学的特性を理解し、新たな治療法の確立に向けた基盤を構築することを目指している。

主な研究項目

  • 組織内の酸素・栄養・pH環境の変動に対する細胞の適応応答機構の解析
  • 低酸素環境下のがん細胞が放射線や抗がん剤に対する抵抗性、および浸潤・転移能などの悪性形質を獲得する機序の解析
  • がん細胞の特性を活用した新規治療/診断法の開発
  • 低酸素関連疾患の発症と悪性化を担うメカニズムの解析

メンバー

原田 浩教授

harada.hiroshi.5e@kyoto-u.ac.jp 教員情報

NAM, Jin-Min准教授

nam.jinmin.4i@kyoto-u.ac.jp 教員情報

小林 稔特定助教

kobayashi.minoru.4m@kyoto-u.ac.jp 教員情報
  • @マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

研究紹介動画

アクセス

吉田キャンパス 医学部構内 生命科学研究科附属放射線生物研究センター

キャンパスマップはこちら