シグナル伝達学

研究概要

研究内容

細胞運命決定を制御するシグナル伝達の分子機構と制御機構について研究する。特に、細胞増殖、細胞分化、細胞リプログラミング並びに発生の諸過程を研究対象とする。また、寿命(老化)制御のシグナル伝達機構を主に線虫を用いて研究する。

主な研究項目

  • 細胞増殖並びに細胞癌化のシグナル伝達
  • 発生・分化および細胞リプログラミングの分子機構
  • 寿命(老化)制御のシグナル伝達機構
  • 体内時計の制御機構
  • 転写調節機構とエピジェネティックス制御機構
uid000004_20100310143047cd2ce2e4

メンバー

講師日下部杜央morioh@lif.kyoto-u.ac.jp
助教宮田愛彦ymiyata@lif.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

シグナル伝達学 キーワード

シグナル伝達  寿命(老化)制御  発生と分化  細胞運命決定  iPS  MAPキナーゼ  バイオインフォーマティックス  体内時計  転写調節  細胞増殖制御