微生物細胞機構学

研究概要

研究内容

次世代エネルギー・食品・バイオ素材・環境浄化に貢献する微細藻類における細胞機能の原理の解明と利用。特に、光合成・CO2濃縮・代謝・増殖・生殖の分子機構をゲノムレベルで解明し、あわせて生命機能を利用した有用物質生産の基盤を構築する。

主な研究項目

  • 光合成を支えるCO2 濃縮機構の分子基盤の解明と利用
  • CO2 や光を含む環境のセンシングによる光合成制御ネットワークの解明
  • カルシウムを介した葉緑体から核へのレトログレードシグナルの伝達機構
  • 有用物質(脂肪酸や炭化水素等)の生合成制御機構の解明と利用
  • 栄養飢餓による有性生殖の誘導機構とエネルギー貯蔵機構の解明
  • 細胞の生存戦略に関わるタンパク質リン酸化等のシグナル伝達因子の解明

 

メンバー

教授福澤秀哉fukuzawa@lif.kyoto-u.ac.jp
講師山野隆志tyamano@lif.kyoto-u.ac.jp
助教辻 敬典tsuji.yoshinori.7a@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

 

 さらに詳しくは、研究室のホームページでご覧下さい。

微生物細胞機構学 キーワード

緑藻クラミドモナス  光合成  二酸化炭素  CO2センシング  代謝工学  新環境への順化機構  トランスクリプトーム  脂肪酸  性決定因子  形質転換植物  微細藻類  葉緑体  ゲノム情報発現データベース  バイオリソース  合成遺伝子  物質生産  微生物  ストレス環境への順化  葉緑体シグナリング  タンパク質リン酸化  合成生物学  バイオイメージング  バイオエネルギー