Research研究

分子病態学高次生命科学専攻

分子病態学   Laboratory of Molecular Cell Biology and Development(連携講座)

松崎研究室

研究概要

研究内容

神経幹細胞に内蔵されたプログラムを通して、脳の形成の基本原理を解明する。マウス、フェレット、およびショウジョウバエを実験系とする。

主な研究項目

  • 脳構築の遺伝的プログラムと可塑的メカニズム
  • 神経幹細胞の自己複製と分化のメカニズム
  • 細胞極性と非対称分裂の制御機構
  • 哺乳類進化における脳の複雑化の機構
uid000004_201003091735010da811a7

メンバー

教授 松崎文雄 fumio@cdb.riken.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

北島研究室

研究概要

研究内容

マウス卵母細胞の減数分裂における染色体動態を主にライブイメージングを用いて定量的に解析し、卵子に正しく染色体が分配されるメカニズムを解明する。

主な研究項目

  • マウス卵母細胞における染色体動態の高解像度ライブイメージング
  • 染色体を駆動させる分子機構の解明
  • 老化により染色体分配の誤りが引き起こされる原因の解明
uid000004_2012101910295753a67aa9
染色体の前中期ベルト

メンバー

准教授 北島智也 tkitajima@cdb.riken.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

髙里研究室

研究概要

研究内容

当研究室では発生学の知識を深めることを重視し、その知見を応用することでヒト多能性幹細胞から腎臓を構築することを目指す。同様に、その分化制御系を利用してヒト中胚葉のパターン形成メカニズムの解明、およびヒト腎臓発生の仕組みを解明し、ヒト発生学への貢献を目指す。

主な研究項目

  • 移植可能な腎臓オルガノイドの作製
  • ヒトiPS細胞を用いた中胚葉の運命決定メカニズムの解明
  • 腎臓オルガノイドを基盤としたヒト腎臓発生学
takasatothema01l
ヒトiPS細胞から作製した
腎臓オルガノイド

メンバー

准教授 髙里実 minoru.takasato@riken.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

 

分子病態学 キーワード

脳科学  発生学  神経発生  神経幹細胞  細胞極性  非対称細胞分裂  染色体分配  卵子  受精卵  減数分裂  老化  in vivoイメージング  中胚葉発生  腎臓発生  ヒト多能性幹細胞  幹細胞分化制御  腎臓オルガノイド

ページの先頭へ