微細構造ウイルス学

研究概要

研究内容

本研究室では、マイナス鎖RNAウイルスの細胞内増殖機構を解明することで、ウイルス感染症の予防・制御を目指します。ウイルス学的・分子細胞生物学的解析手法と、蛍光顕微鏡法・電子顕微鏡法・原子間力顕微鏡法などの視覚的な解析を組み合わせて、微細構造学的観点からウイルス学研究を行います。また、ウイルス増殖を阻害する抗体を作出し、ウイルス感染症に対する抗体医薬の開発を目指します。

noda1

エボラウイルス感染細胞の走査型顕微鏡像

主な研究項目

  • インフルエンザウイルスのゲノムパッケージング機構
  • インフルエンザウイルスのゲノム転写・複製機構
  • エボラウイルスのヌクレオカプシドの構造解析
  • ウイルス増殖を阻害する中和抗体の作出
 

メンバー

教授野田岳志t-noda@infront.kyoto-u.ac.jp
助教村本裕紀子muramo@infront.kyoto-u.ac.jp
助教中野雅博nakanom@infront.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

> 研究室のサイトへ

 

微細構造ウイルス学 キーワード

インフルエンザウイルス  エボラウイルス  電子顕微鏡  原子間力顕微鏡  微細構造  ウイルス感染