細胞認識学

研究概要

研究内容

ライフイベントにおける栄養環境への適応機構や共生微生物の役割、行動パターンを生成する神経回路、胚発生における器官形成、昆虫の生殖操作を研究する。マルチオミックス、光遺伝学、電気生理学、生体内イメージングを含めた多彩なアプローチを用いる。

主な研究項目

  • 成長から老化まで:栄養環境への適応機構と共生微生物の役割
  • 感覚入力から定型的な行動を生成する神経回路
  • 遺伝子-細胞-個体をつなぐ胚発生システム
  • 内部共生細菌による生殖操作のメカニズム

メンバー

教授上村匡tauemura@lif.kyoto-u.ac.jp
講師碓井理夫tusui@lif.kyoto-u.ac.jp
助教服部佑佳子yhattori@lif.kyoto-u.ac.jp
特定助教春本敏之harumoto.toshiyuki.5c@kyoto-u.ac.jp
特定助教近藤武史take-kondo@lif.kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

 

細胞認識学 キーワード

栄養  神経回路  平面内細胞極性(planar_cell_polarity)  カドヘリンスーパーファミリー  イメージング  定量解析  遺伝学  ショウジョウバエ近緑種  微生物  代謝  感覚神経  動物行動  マルチオミックス  酵母