遺伝子特性学

研究概要

研究内容

実験生物として理想的な特徴を備えた苔類ゼニゴケを主なモデルとして、植物の環境依存的な成長発生調節機構を解明するとともに、その進化や原理を理解する。植物にとって主要な環境因子である光の認識や信号伝達、植物個体の発生統御、分裂組織の形成と維持、性決定と性分化などの分子機構を分子遺伝学的に研究する。

主な研究項目

  • 赤色光および青色光の受容と信号伝達
  • 植物ホルモン信号伝達の進化
  • 陸上植物進化の比較ゲノム解析
  • 環境依存的な生殖細胞誘導機構
  • 性決定および性分化の分子機構
  • 植物の転写制御ネットワーク

 

メンバー

教授河内孝之tkohchi@lif.kyoto-u.ac.jp
助教安居佑季子yasui.yukiko.7a@kyoto-u.ac.jp
助教吉竹良洋yoshitake.yoshihiro.7v@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ