生体制御学

研究概要

研究内容

細胞は何千と言う情報を細胞膜で受容しているが、細胞内情報伝達系はそれほどの数があるわけではない。この細胞内情報伝達系において中心的役割を担っているのはタンパク質リン酸化酵素とGタンパク質である。当研究室では世界に先駆けてタンパク質リン酸化酵素やGタンパク質の活性を細胞内でイメージングするバイオセンサーを開発してきた。これらのバイオセンサーを駆使して、細胞内外で情報がどのように受け渡しをされているかを解明し、生命システムの謎に迫る。さらに、バイオセンサー発現マウスを多光子顕微鏡で観察することにより、細胞内情報伝達系と病気の関わりを明らかにして行く。

主な研究項目

  • 細胞内情報伝達系を可視化する蛍光・発光バイオセンサーの開発
  • 細胞内情報伝達分子を制御する光遺伝学ツールの開発
  • 生きた細胞、生きたマウスでの細胞内・細胞間情報伝達研究
  • 細胞間力を細胞内情報に変換する仕組みの解明
  • 腸管幹細胞の運命決定機構の研究
  • 網膜神経細胞情報伝達系のライブイメージング

 

メンバー

教授松田道行matsudam@lif.kyoto-u.ac.jp
准教授寺井健太terai.kenta.5m@kyoto-u.ac.jp
助教佐藤慎哉sato.shinya.7e@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

生体制御学 キーワード

癌(がん)  細胞内シグナル伝達  生体イメージング  蛍光バイオセンサー  システム生物学  定量解析  細胞間シグナル伝達  炎症  創薬  病理学