生体制御学

研究概要

研究内容

細胞は何千と言う情報を細胞膜で受容するが、細胞内情報伝達系はそれほどの数があるわけではない。当研究室では、細胞内情報伝達で中心的な役割を担うタンパク質リン酸化酵素やGタンパク質の活性を細胞内で可視化するため、FRETの原理に基づくバイオセンサーを世界に先駆けて開発してきた。そして近年は、FRETを利用して分子活性を一細胞レベルで光操作するツールの開発にも成功した。これらの分子ツールを駆使して顕微鏡下の細胞と「会話」を行いながら、生命システムの謎に迫る。さらに、バイオセンサー発現マウスの様々な器官・組織を多光子顕微鏡観察することで、情報伝達系と細胞の生理機能、および病気との関連も明らかにする。

主な研究項目

  • 細胞内情報伝達系を可視化する蛍光・発光バイオセンサーの開発
  • 細胞内情報伝達分子を制御する光遺伝学ツールの開発
  • 生きた細胞、生きたマウスでの細胞内・細胞間情報伝達研究
  • 機械的な力を介した細胞間情報伝達機構の解明
  • 神経網膜における分子活性の多光子ライブイメージング
 

メンバー

教授松田道行matsudam@lif.kyoto-u.ac.jp
准教授寺井健太terai.kenta.5m@kyoto-u.ac.jp
助教佐藤慎哉sato.shinya.7e@kyoto-u.ac.jp
特定助教日野直也hino.naoya.3a@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

生体制御学 キーワード

癌(がん)  細胞内シグナル伝達  生体イメージング  蛍光バイオセンサー  システム生物学  定量解析  細胞間シグナル伝達  炎症  創薬  病理学