分子病態学

北島研究室

研究概要

研究内容

マウス卵母細胞の減数分裂および初期胚の体細胞分裂における染色体動態を主にライブイメージングを用いて定量的に解析し、細胞分裂において正しく染色体が分配されるメカニズムを解明する。

主な研究項目

  • マウス卵母細胞、初期胚における染色体動態の高解像度ライブイメージング
  • 染色体を駆動させる分子機構の解明
  • 老化により染色体分配の誤りが引き起こされる原因の解明
uid000004_2012101910295753a67aa9
染色体の前中期ベルト

メンバー

教授 北島智也 tomoya.kitajima@riken.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

髙里研究室

研究概要

研究内容

ヒト多能性幹細胞の分化誘導系を用いて、3次元ヒト組織の構築、臓器発生の仕組みの理解、及び自己組織化メカニズムの解明を目指した研究を行う。特に、腎臓、膀胱を含む、下部尿路系組織を研究対象とする。

主な研究項目

  • ヒト多能性幹細胞から下部尿路系組織の作製
  • 3次元人工組織(オルガノイド)の機能性、成熟性の向上
  • 分化誘導系における細胞の様々な不均一性を司るメカニズムの解明
takasatothema01l
ヒトiPS細胞から作製した
腎臓オルガノイド

メンバー

准教授 髙里実 minoru.takasato@riken.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

 

王研究室

研究概要

研究内容

RNAの時空間的な制御機構「エピトランスクリプトミクス」の中枢神経系における役割解明を目指す。特に学習・記憶、認知機能に焦点を当て、オミックス解析、蛍光イメージング、細胞生物学的手法、マウスモデル系によりアプローチする。

 

主な研究項目

・シナプス機能におけるRNA修飾の役割の解明
・分子から行動までの各層におけるRNA修飾読み取り分子の役割の解明
・各ライフステージにおけるRNA修飾状況の探索

 

メンバー

准教授 王丹 oh.tan.5c@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

小幡研究室

研究概要

研究内容

ショウジョウバエの高度な遺伝学を駆使することで食餌によって変化する各種栄養素や腸内細菌の生理機能を解明し、動物の健康寿命を規定する普遍的な食理学的メカニズムを明らかにする。

主な研究項目

  • 栄養素や腸内細菌叢の生理機能解明
  • 発生・発達期環境による恒常性制御機構の解明
  • アミノ酸栄養・代謝による健康寿命制御機構の解明
  • 熱耐性の分子機構解明

 

メンバー

准教授 小幡史明 fumiaki.obata@riken.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ