システム機能学

研究概要

研究内容

細胞間コミュニケーションを介した組織の成長制御、形態形成、恒常性維持機構と、その破綻によるがん発生機構を、ショウジョウバエ遺伝学とイメージング、さらには培養細胞を用いた分子細胞生物学的アプローチにより研究する。

主な研究項目

  1. 細胞競合の分子機構
  2. 細胞間相互作用を介した組織成長・がん制御機構
  3. がんの発生・進展機構
  4. 老化の分子機構

左:上皮組織中で起こる細胞競合。極性が崩壊した細胞(緑:敗者)は正常細胞(マゼンタ:勝者)により排除される。
右:ショウジョウバエ幼虫の脳(青)に浸潤・転移する複眼の腫瘍細胞(赤)。

 

 

メンバー

教授井垣達吏igaki@lif.kyoto-u.ac.jp
准教授菅田浩司kanda.hiroshi.2c@kyoto-u.ac.jp
助教榎本将人menomoto@lif.kyoto-u.ac.jp
特定助教谷口喜一郎taniguchi.kiichiro.3c@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ

 

システム機能学 キーワード

免疫学  生化学  細胞生物学  B細胞  糖鎖  シアル酸  細胞内シグナル伝達  脂質  スフィンゴ脂質  酵母  マウス  DNAマイクロアレイ  細胞競合  癌(がん)  細胞間コミュニケーション  組織成長制御  シグナル伝達  細胞老化  ショウジョウバエ  遺伝学  発生  形態形成  発生ロバストネス  細胞死