細胞増殖統御学

研究概要

研究内容

[豊島グループ]

ライフステージの進行に伴う臓器リモデリング機構について研究を行っている。 妊娠・老化・肥満などのライフコースで起こる体の生理変化に応じて、血管/神経/免疫/間質/上皮細胞などの異種細胞間ネットワークが、 組織内のメカノフィールドや液性因子と連携して組織・臓器を再編成する仕組みとその生理機能について解析する。 生体内に備わる臓器リモデリング機構を利用した再生医療技術・治療薬の開発を目指す。 また、これらの研究開発を支える遺伝子改変技術を開発している。

[Vandenbonグループ]

1細胞および空間転写学データを含む、大規模な生物学的データの解析のためのバイオインフォマティクス手法を開発している。

主な研究項目

  1. 妊娠における母体臓器リモデリング機構と母体ー胎児連関
  2. 老化・肥満における臓器リモデリング機構
  3. 臓器リモデリング機構を利用した再生医療の基盤開発
  4. CriMGET systemによる遺伝子ターゲテイング技術の開発
  5. 1細胞および空間トランスクリプトーム解析手法の開発

 

メンバー

教授豊島文子ftoyoshi@infront.kyoto-u.ac.jp
准教授VANDENBON, Alexsisalexisvdb@infront.kyoto-u.ac.jp
助教石橋理基ishibashi.riki.7z@kyoto-u.ac.jp

@マークは2バイト文字を利用していますのでご注意ください

教員紹介ページへ

研究室のサイトへ